FXでは、土日を除く24時間毎日取引が可能です。

例えば、日本の株式市場では、9:00~15:00までしか取引ができません。これは、株を取引するマーケットが、その時間帯しかオープンしていないからです。ところが、FXの場合、このような時間的な縛りがありません。土日は取引できないので、縛りがまったくないとは言えませんが、非常に緩い。夜間でも取引ができるので、日中は仕事で忙しいサラリーマンの方でも安心です。

通貨は世界中で常に取引されている

なぜFXが24時間取引可能かというと、通貨と通貨の取引を行っている外国為替市場が、世界中のどこかで常にオープンしているから。日本が夜でも、世界の別の場所では、朝です。日本のマーケットが閉じていても、世界のどこか別の場所では、マーケットが開いています。

通貨は、世界中のあらゆるところで取引されているため、FXでは、基本的に、24時間常に取引ができるのです。

各国の市場における取引時間

各国の市場における取引時間の目安は、以下のようになっています。

FX取引時間

この通り、24時間常にどこかの市場が開いていることが分かりますよね。ちなみに、サマータイムが導入されている海外市場においては、夏時間は、上記表より1時間早くなります。

日本時間の夜は取引が活発に

24時間オープンしている外国為替市場ですが、為替市場において、大きな盛り上がりを見せるのが、ヨーロッパ勢やアメリカ勢が参入してくる時間帯。日本時間の夕方から夜ですね。ロンドン市場やニューヨーク市場は、取引高が大きく、これらの市場がオープンすると、値が動きやすくなります。

オセアニア市場や東京市場では穏やかな相場も、ヨーロッパ市場やニューヨーク市場がオープンした途端に激しくなるということも決して珍しくありません。それだけ、ヨーロッパ市場やニューヨーク市場というのは、活発かつ重要な時間帯なのです。

更に、世界一の経済大国であるアメリカの経済指標が発表される時間帯は、要注意。発表の瞬間に、大きな値動きを見せることも多いですし、発表された結果が、その後の相場の流れを作りあげることもしばしば。

日本時間の夜は、トレーダーにとって最も熱い時間帯ですので、日中は仕事というサラリーマンの方でも、おいしい時間帯に参戦できます。しかし、トレードに没頭して眠れない夜を過ごすということも…無理をすることのないよう、ほどほどに。