FXの売買手法のひとつに、ナンピン(難平)というものがあります。

このナンピン、うまく使えば、ピンチを切り抜けるのに有効な手法なのですが、使いどころを間違えると、傷口を広げてしまう危険性があるので、要注意。ナンピンは、玄人向けの手法で、初心者の内は、禁じ手と捉えておいた方が良いでしょう。

ナンピンとは

ナンピンとは、含み損を抱えているポジションを更に追加することを言います。

含み損を抱えたロングポジションを持っている場合は、更に、買い増すことを指し、同じく、含み損を抱えたショートポジションを持っている場合は、更に、売り増すことを指します。

ナンピンの効果

損失が出ているポジションを追加しても、一見、何の意味もなさそうですが、ナンピンは、平均購入単価を下げるという効果を持っています

例えば、1米ドル=100円のときに、買いでエントリーし、10,000ドルのロングポジションを保有していたとします。その後、円高が進み、1米ドル=99円になったとすると、10,000円の含み損を抱えていることになります。このときに、ナンピンを行い、10,000ドルを買い増ししたとしたら、平均購入単価は、1米ドル=99円50銭まで下がりますよね。

その後、円安となり、1米ドル=99円60銭まで値を戻したとすると、1,000円の利益を得ることができます。当初エントリーした値は、1米ドル=100円ですので、ナンピンを行っていなければ、4,000円の損失が出ていたはずです。

これが、ナンピンの効果。ナンピンを行い、平均購入単価を下げることで、含み損を利益に変えることができました。

ナンピンは損失を大きくする危険性も

ここまでの話では、ナンピンは、素晴らしい手法のようにも思えますが、これは、うまいこと値が戻ってきてくれた場合の話。ナンピンをしたところで、必ずしも、値が戻るとは限りませんよね。

仮に、値が戻らず、狙いとは反対の方向に値が進み続けた場合は、どうなるでしょうか。

考えたくもないかもしれませんが、含み損は大きくなるばかりですね。

先程の例で言えば、ナンピンをした後、更に、円高が進み、1米ドル=98円になったとすると、当初のポジションだけで、20,000円の損失、ナンピンで買いましたポジションが、10,000円の損失、合計で30,000円の損失を抱えてしまうことになります。

つまり、ナンピンは、使いどころを間違えると、傷口を広げてしまうばかりで、全く有効な手法にはならないのです。

トレンドは続くもの

為替相場は、一旦、トレンドができてしまうと、その勢いは、なかなか止まりません。トレンドの真っただ中でナンピンをしてしまえば、含み損は、あっという間に大きくなっていきます。損切りをするにも、損失が大き過ぎて、そのまま塩漬けというパターンもあるかもしれません。

そのようなことは、絶対に避けたいですよね。

ナンピンはおすすめしない

結論としては、基本的には、ナンピンは、おすすめしません。特に、初心者の方は、禁じ手と考えておいた方が良いです。

相場の世界には、「下手なナンピン素寒貧」という格言があります。素寒貧(すかんぴん)とは、貧乏という意味です。この格言の通り、ナンピンは、使いどころを間違えてしまうと、相場から退場させられてしまう程の致命傷を負ってしまう危険性がありますので、下手に手を出すのは、止めましょう。

狙いとは反対方向に値が動いた場合は、損切りが定石です。含み損を抱えて、どうしようもないポジションの場合は、損切りをして、再度エントリーし直しましょう。