FXの特徴とリスク

FXは、外国為替証拠金取引という投資です。外国為替とは、通貨と通貨の取引のことを言います。そして、証拠金取引とは、証拠金を担保にして行う取引のことで、一般的に、証拠金取引では、証拠金の額よりも大きな額の取引を行うことができます。

FXの取引では、一定額の証拠金を取引口座に預けておき、最大で、預けた証拠金の額の25倍の金額の取引が可能となっています。このように少ない資金で大きな取引が行うことができる仕組みをレバレッジ効果と言い、この点こそが、FX最大の特徴です。まとまった額の資金を必要としないので、始めるにあたってのハードルが低く、投資経験がない方からも人気があります。

FXは、株式投資や外貨預金にはない特徴を持っている魅力的な投資ですが、注意すべき点もあります。当然ですが、FXは投資ですので、利益を上げることができる一方で、損失を被る危険性もあります。更に、レバレッジを効かせられることから、利益だけではなく、損失も大きくなってしまいます。FXを始める際には、FXの魅力だけではなく、リスクについても、しっかりと知っておいてください。

FXのコスト

FXでは、通常、株式投資にあるような取引手数料は一切かかりません。その代わりに負担しなければならないのが、スプレッドです。FXでは、売値のことをBIDと言い、買値のことをASKと言いますが、それぞれ異なる価格が提示されます。売値の方が、レートが低く、買値の方が、レートが高くなっていて、この売値と買値の差のことをスプレッドと呼びます。

スプレッドは、FX会社の収益となるもので、投資家にとっては、コストにあたるものです。ただ、FXのスプレッドは、外貨預金ほど大きな額ではないことから、非常に低コストで済むのですが、売買の度に負担しなければならないので、短期的なトレードを繰り返すスタイルのトレーダーほど、気を配っておくべきところとなります。

FXの通貨ペア

FXにおいて、株式投資の株式銘柄にあたるものが、通貨ペアです。FXでは、取引を行う通貨ペアを選ぶ必要あります。

ただ、株式投資と違うのは、FXは、値が下がっていても利益を出すことができるため、レートが上昇する通貨だけを見極めて、トレードをするような必要はありません。レートが下落している通貨を選んでトレードをしても、利益を上げることができます。

初めの内は、定番の通貨ペアを選んでおくと良いと思いますが、それぞれの通貨には、値動きに特徴があるので、自分にあった通貨ペアを見つけると良いでしょう。

FXと税金

収入があれば、税金を支払わなければなりません。それは、投資の世界でも同じです。FXにおいても、利益を上げた場合は、税金を支払う必要が出てきます。

通常、サラリーマンの方は、会社が年末調整をしてくれますが、FXで一定額以上の利益を上げた場合は、自分で確定申告をしなければなりません。専業主婦の方や学生の方でも同じです。利益の額次第では、確定申告の必要があります。反対に、FXで損失を出した場合は、確定申告を行うことで、得をすることもあります。

投資と税金は、切っても切り離せない関係ですので、税金についても、しっかりと理解しておきましょう。