ボリンジャーバンドは、移動平均線を基準に、標準偏差という統計学の考え方を取り入れたトレンド系のテクニカル指標です。視覚的に分かりやすく、初心者の方からプロのトレーダーまで幅広く支持されています。

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均線とそれを中心に上下に引かれた線によって構成されています。移動平均線の上に引かれた線をアッパーバンド、移動平均線の下に引かれた線をロワーバンドと呼ぶこともありますが、移動平均線の上下に引かれた線は、移動平均線を基準にした標準偏差の値です。

標準偏差とは、データのばらつきの度合いを表す指標のことで、σ(シグマ)という記号で表されます。

統計学における正規分布の考え方に基づくと、平均値に近い値ほど、分布しているデータ数が多く、平均値に遠い値ほど、分布しているデータ数が少なくなります。

ボリンジャーバンドでは、±1σから±3σまでの線を表示させるのが、一般的ですが、統計的には、±1σの範囲内にデータが収まる確率は、約68.3%、±2σでは、約95.5%、±3σでは、約99.7%となっており、ローソク足は、概ね±2σから±3σの線の範囲内で推移するはずと考えられます。

上のチャートでは、5本の線が表示されていますが、中央の線が、移動平均線で、その上に引かれた線が、+1σの線、下に引かれた線が、-1σの線です。更に、その外側に引かれた線が、+2σの線と-2σの線となります。

このチャートを見てみると、ローソク足は、ほぼ±2σの範囲内を推移していることが分かります。

ボリンジャーバンドの見方

チャートにボリンジャーバンドを表示させてみると、幅が狭くなったり、広くなったりしていることが分かると思います。ボリンジャーバンドの幅は、ボラティリティの大きさを表しています。ボラティリティが小さな場合は、ボリンジャーバンドの幅が狭く、ボラティリティが大きな場合は、ボリンジャーバンドの幅は広くなります。

ボリンジャーバンドが狭くなっているときは、相場が膠着状態にあるということ。このようなときは、相場が大きく動く前触れと捉えることができます。

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドは、順張りでも、逆張りでも使うことができます。

ボリンジャーバンドは、一般的に、±1σから±3σまでの線を表示させることが多いですが、その中でも、最もメジャーなのが、±2σ。±2σの線は、トレードに一番活用しやすく、実戦向きの値です。ここでは、±2σを使ったボリンジャーバンドのトレード手法をご紹介します。

あまりに多くの線を表示させても見づらいので、とりあえずは、±2σの線を表示させておくと良いですよ。

レンジ相場での逆張り

レンジ相場においては、ボリンジャーバンドにタッチしたら逆張りで攻めるという手法が有効です。

ボリンジャーバンド±2σ

レンジ相場では、ボリンジャーバンドの角度が緩やかになって、ほぼ真横に向いて推移します。このチャートは、ボリンジャーバンドの±2σを表示させたものですが、もみ合っている場面では、概ねボリンジャーバンドの範囲内でローソク足が上下していることが分かります。

レンジ相場においては、ボリンジャーバンドをレジスタンスラインと考えて、+2σの線にタッチしたら、逆張りの売り、-2σの線にタッチしたら、逆張りの買いを入れるというのが、基本的な戦略になります。

トレンド相場でのバンドに沿った順張り

レンジ相場では、ボリンジャーバンドにタッチしたところでの逆張りが有効ですが、トレンドが発生している場合、この戦略は使えません。というのも、強いトレンドが発生すると、ローソク足は、ボリンジャーバンドにタッチしたまま、または、突き抜けたまま、ボリンジャーバンドに沿って動いてしまうからです。

このようにローソク足が、ボリンジャーバンドに沿って動くことをバンドウォークと言いますが、このような現象が見られたときは、強いトレンドが発生している証拠ですので、ボリンジャーバンドの動きについていく順張りが有効です。

特に、ボリンジャーバンドの幅が狭くなっている場合、新たなトレンドが生まれる前触れと考えられますので、ボリンジャーバンドが収縮から拡大に転換したところを、ボリンジャーバンドに沿って、順張りで攻めるようにすると良いでしょう。