カナダドルの基本情報

カナダ 名称 カナダドル
通貨コード CAD
導入国 カナダ
中央銀行 BOC(カナダ銀行)

カナダドルCAD)を採用するカナダは、世界を代表する資源国です。広い国土には、石油等の豊富な資源が眠っており、隣国のアメリカに多く輸出されています。

そのため、コモディティ価格と米ドル相場は、カナダドルの値動きにも、大きな影響を与えます。

カナダドルの特徴

米ドルの動きに連動しやすい

カナダの最大の貿易相手国は、地理的にも身近な存在であるアメリカです。そのため、カナダ経済は、アメリカへの依存度が高く、アメリカの経済動向は、カナダ経済を動かす大きな要因となっています。

従って、カナダドル相場も、米ドル相場の影響を受けやすく、米ドルが上昇していれば、カナダドルも上昇する傾向にありますし、米ドルが下落していれば、カナダドルも下落する傾向にあります。

カナダドルの取引においては、米ドル相場のチェックは欠かせませんし、アメリカの経済動向にも注目しておく必要があります。

資源価格の影響を受ける資源国通貨

カナダは、先進国を代表する資源国です。金や石油、天然ガスといった資源が豊富であることから、カナダドル相場は、コモディティ価格の影響を受けやすいという特徴を持っています。

特に注目すべきは、原油価格です。原油価格の上昇は、カナダドルの上昇要因ですので、原油価格には、敏感になっておくと良いでしょう。

カナダドルの値動き

カナダドル/円(CAD/JPY)の月足チャート

月足チャート(CADJPY)

米ドル/カナダドル(USD/CAD)の月足チャート

月足チャート(USDCAD)

カナダドルにおける重要経済指標

  • BOC政策金利
  • 雇用統計(新規雇用者数、失業率)
  • GDP
  • 貿易収支
  • 消費者物価指数(CPI)

カナダは、アメリカ経済との結びつきが強く、カナダドル相場は、米ドル相場の影響を受けやすいという特徴を持っています。そのため、カナダの経済指標はもちろんですが、アメリカの経済指標も重要なファンダメンタルズ要因となりますので、必ずチェックするようにしましょう。