チャートを読み解く上で、欠かせないのが、ローソク足です。チャートを見ていると、ローソクのようなものが、並べられてできていると思いますが、それこそがローソク足。分かりやすいネーミングですよね。

チャートには、ローソク足チャートの他に、バーチャートやラインチャートがありますが、ローソク足チャートが最も一般的です。とりあえずは、ローソク足チャートの見方さえ理解していれば、問題ありません。

テクニカル分析の第一歩として、まずは、ローソク足ひとつひとつの見方について、学んでいきましょう。

ローソク足とは

ローソク足は、一定期間の値動きを表したものです。ローソク足は、値動きによって、微妙にその姿が変わります。

ちなみに、1ヵ月間の値動きを表したものを月足、1週間の値動きを表したものを週足、1日の値動きを表したローソク足を日足、1時間の値動きを表したものを時間足、1分間の値動きを表したものを分足と言います。

ローソク足の見方

ローソク足の実体とヒゲ

チャートを構成しているローソクのようなものが、ローソク足です。

ローソク足の実体とヒゲ

ローソク足は、2つの部分に分けられ、ローソク足の胴体の部分を実体と言い、上下に伸びている線の部分をヒゲと言います。ヒゲの中でも、上に伸びているヒゲを上ヒゲ、下に伸びているヒゲを下ヒゲと言います。

陽線と陰線

チャートを見ていると、2色のローソク足が並んでいるのが分かりますよね。この色にも意味があって、片方が陽線、片方が陰線となっています。なお、色については、チャートの設定次第で任意の色に変えられたり、それぞれのFX会社によって異なります。

陽線というのは、始値を終値が上回ったときにできるローソク足で、陰線というのは、逆に、始値を終値が下回ったときにできるローソク足です。つまり、価格が、上昇して終われば、陽線ができ、下落して終われば、陰線ができます。

ローソク足が表す価格

ひとつひとつのローソク足には、一定期間の四本値と呼ばれるという4つの価格の情報が詰め込まれています。四本値とは、始値終値高値安値の4つです。

始値は、期間の最初に取引された価格のことで、終値は、期間の最後に取引された価格のことです。また、高値は、期間の中で最も高く取引された価格、安値は、期間の中で最も安く取引された価格のことを言います。

ローソク足が表す価格
  • 始値…期間の最初に取引された価格
  • 終値…期間の最後に取引された価格
  • 高値…期間の中で最も高く取引された価格
  • 安値…期間の中で最も安く取引された価格
陽線と陰線

陽線の場合、ローソク足の実体の下のラインが始値で、実体の上のラインが終値です。陰線の場合は、実体の上のラインが始値となり、実体の下のラインが終値となります。また、陽線、陰線ともに、上ヒゲの上のラインが高値、下ヒゲの下のラインが安値を表しています。

その時々の値動きによっては、胴体がないローソク足ができたり、ヒゲがないローソク足ができたりするのですが、ひとつひとつのローソク足の形にも意味があり、それぞれのローソク足からも情報を読み取ることができます。