ローソク足は、その時々によって、いろいろな姿に形を変えますが、1本1本のローソク足の形には、重要なメッセージが込められていることがあります。

ここでは、ローソク足の代表的な形とその意味をまとめておきます。チャート上にこれらのローソク足が現れたときには、そのメッセージを読み取れるようにしておきましょう。

ローソク足の基本形

まずは、基本となるローソク足の形から見ていきましょう。陽線か陰線か、そして、実体とヒゲの長さに注目です。

名称 形状 意味
大陽線 大陽線 実体が長く、ヒゲが短い陽線 上昇トレンドで現れることが多く、強気相場のサイン
大陰線 大陰線 実体が長く、ヒゲが短い陰線 下降トレンドで現れることが多く、弱気相場のサイン
小陽線 小陽線 実体もヒゲも短い陽線 上昇トレンドの保ち合いで現れることが多く、売買が拮抗している
小陰線 小陰線 実体もヒゲも短い陰線 下降トレンドの保ち合いで現れることが多く、売買が拮抗している
上影陽線 上影陽線 上ヒゲが長い陽線 上昇の勢いが衰えており、上昇トレンド終了の可能性あり
上影陰線 上影陰線 上ヒゲが長い陰線 上昇の勢いが衰えており、上昇トレンド終了の可能性あり
下影陽線 下影陽線 下ヒゲが長い陽線 下落の勢いが衰えており、下降トレンド終了の可能性あり
下影陽線 下影陰線 下ヒゲが長い陰線 下落の勢いが衰えており、下降トレンド終了の可能性あり
寄引同事線(十字足) 寄引同事線(十字足) 実体がなく、ヒゲが上下に伸びている線 売買が拮抗しており、トレンド転換の可能性あり

ローソク足の応用形

以下は、ローソク足の基本形を細分化した応用形とも言えるローソク足です。これらを頭に入れておけば、より詳細なテクニカル分析ができるはずです。

名称 形状 意味
陽の丸坊主 陽の丸坊主 ヒゲがない大陽線 上昇トレンドで現れることが多く、上昇の勢いが非常に強い
陰の丸坊主 陰の丸坊主 ヒゲがない大陰線 下降トレンドで現れることが多く、下落の勢いが非常に強い
陽の寄り付き坊主 陽の寄り付き坊主 下ヒゲがない大陽線 上昇の勢いが強いものの、高値圏で現れた場合は、上昇トレンド終了の可能性あり
陰の寄り付き坊主 陰の寄り付き坊主 上ヒゲがない大陰線 下落の勢いが強いものの、安値圏で現れた場合は、下降トレンド終了の可能性あり
陽の大引け坊主 陽の大引け坊主 上ヒゲがない大陽線 強気相場のサインで、今後も続伸する可能性あり
陰の大引け坊主 陰の大引け坊主 上ヒゲがない大陰線 弱気相場のサインで、今後も続落する可能性あり
コマ(陽の極線) コマ(陽の極線) 実体もヒゲも非常に短い小陽線 保ち合い相場のサイン
コマ(陰の極線) コマ(陰の極線) 実体もヒゲも非常に短い小陰線 保ち合い相場のサイン
カラカサ(陽線) カラカサ(陽線) 上ヒゲがない下影陽線 上昇の勢いが強く、安値圏で現れた場合は、下降トレンド終了の可能性あり
カラカサ(陰線) カラカサ(陰線) 上ヒゲがない下影陰線 上昇の勢いが強く、安値圏で現れた場合は、下降トレンド終了の可能性あり
トンカチ(陽線) トンカチ(陽線) 下ヒゲがない上影陽線 下落の勢いが強く、高値圏で現れた場合は、上昇トレンド終了の可能性あり
トンカチ(陰線) トンカチ(陰線) 下ヒゲがない上影陰線 下落の勢いが強く、高値圏で現れた場合は、上昇トレンド終了の可能性あり
トンボ トンボ 上ヒゲがなく、下ヒゲが長い寄引同事線 安値圏で現れた場合は、上昇トレンドへ転換の可能性あり
塔婆 塔婆 下ヒゲがなく、上ヒゲが長い寄引同事線 高値圏で現れた場合は、下降トレンドへ転換の可能性あり
寄せ線(足長同事線) 寄せ線(足長同事線) 上ヒゲも下ヒゲも長い寄引同事線 売買が拮抗しているサインで、トレンド転換の可能性あり
四値同事足 四値同事足 実体もヒゲもない寄引同事線 相場が様子見をしているサインで、トレンド転換の可能性あり