チャートとは

チャートとは、過去の値動きを記録したグラフのことです。縦軸は価格、横軸は時間を表していて、チャートの左から右に行くに従って、時間軸が進んで行きます。また、チャートの下に行くほど、安値となり、上に行くほど、高値であることを示しています。

チャート

チャートを用いて将来の値動きを予測する分析法をテクニカル分析と言いますが、テクニカル分析は、FXに欠かせないものですので、チャートが読めなければ、FXの世界では、お話にならないということになります。チャートは、トレードをする上で、非常に大切なものですので、少しずつでも慣れていくようにしましょう。

チャートの種類

チャートには、ローソク足チャート、バーチャート、ラインチャートという3種類があります。

一般的によく使われているのは、ローソク足チャート。ここでは、予備知識として、バーチャートとラインチャートについても、紹介しますが、ローソク足チャートさえ見ることができれば、困ることはありません。

ローソク足チャート

ローソク足チャート

ローソク足チャートは、値動きをローソク足で表したチャートで、始値、終値、高値、安値のすべてが記録されています。視覚的に見やすく、最もメジャーなチャートです。とりあえずは、ローソク足チャートを使っていれば、間違いありません。

バーチャート

バーチャート

バーチャートは、値動きをバーで表したチャートです。ローソク足チャートと同様に、始値、終値、高値、安値のすべてが記録されていますが、ローソク足チャートよりも、見え方がシンプルです。その分、ローソク足チャートよりも、スッキリして見えますね。

ラインチャート

ラインチャート

ラインチャートは、値動きを線で表したチャートです。ローソク足チャートやバーチャートのように、始値や高値、安値は表示されず、ただ単純に終値を線で結んだチャートになります。

チャートには多くの情報が詰まっている

チャートは、過去の値動きを記録してグラフ化したものですが、単なるグラフではありません。チャートには、非常に多くの情報が詰まっています。

世界中の投資家が、同じチャートを見て、戦略を組み立てていますので、チャートは、投資家の集団心理を表したものとも言えます。投資家の買いたい、売りたいといった心理や迷いまでチャートに表れてきます。

上昇傾向にあるのか、下落傾向にあるのか、値動きが拮抗しているのかといった情報はもちろん、適切な分析ができれば、買うべきポイントや売るべきポイントといった情報も、チャートから読み取ることができます。

初めの内は、難しそうな印象を受けるかもしれませんが、慣れてくれば、チャートから様々な情報を得ることができます。チャートを用いたテクニカル分析を身につけることができれば、トレードが更に楽しくなるはずですよ。