チャートパターンは、チャート上のローソク足の値動きをパターン化したものです。

チャートを見ていると、ローソク足が似たような値動きをして、同じような形を形成していることがあります。ローソク足は、複雑に動いているように見えますが、じっくり見ていると、パターン化されていて、同じような値動きを見せているところがあるはずです。

チャートパターンを見つけられれば、その後の値動きを予測するのに、役立ちます。シンプルなテクニカル分析ですが、トレードにすぐに活用できますので、ぜひ覚えておきましょう。

代表的なチャートパターン

代表的なチャートパターンとしては、以下のものが挙げられます。

代表的なチャートパターン
  • ダブルトップ
  • ダブルボトム
  • トリプルトップ
  • トリプルボトム
  • ソーサートップ
  • ソーサーボトム
  • フラッグ
  • ペナント
  • ウェッジ

ダブルトップ

ダブルトップ

ダブルトップは、2つの山を作るように高値を2回つけた後に下落するチャートパターンです。

2つの山の間にできる谷をネックラインと呼びますが、このネックラインを下回ると、天井をつけて、反転下落のサインとなります。ネックライン割れで売りを仕掛けるのが、定石です。

ダブルボトム

ダブルボトム

ダブルボトムは、ダブルトップを逆さにした形です。安値を2回つけた後に上昇するチャートパターンになります。

ネックラインを超えると、底を打って、反転上昇のサインとなりますので、ネックラインを超えたところで買いを入れるのが、正攻法です。

トリプルトップ

トリプルトップ

トリプルトップは、ダブルトップによく似た形ですが、山が3つになったチャートパターンです。酒田五法で言うところの三尊天井で、ヘッドアンドショルダーとも呼ばれます。

ダブルトップ同様、ネックラインを下回ると、反転下落のサインとなります。

トリプルボトム

トリプルボトム

トリプルボトムを逆さにした形が、トリプルボトムです。酒田五法では、逆三尊と呼ばれます。ヘッドアンドショルダーボトムと呼ばれることもあります。

こちらは、ダブルボトムと同じで、ネックラインを超えると、反転上昇のサインとなります。

ソーサートップ

ソーサートップ

ソーサートップは、上昇後に高値圏でもみ合った後に下落するチャートパターンです。

ダブルトップやトリプルトップとは違い、高値圏で山を作るような大きな値動きは見せず、レンジを形成するように小幅な値動きを見せた後に下落するのが、特徴です。もみ合いから下落に転じたところが、上昇トレンドから下降トレンドへの転換のサインとなります。

ちなみに、ソーサーとは、カップの受け皿のことで、それを逆さまにしたような形であることから、ソーサートップと呼ばれます。

ソーサーボトム

ソーサーボトム

ソーサーボトムは、ソーサートップを逆さまにした形で、まさにカップの受け皿のような形です。下落後に安値圏でもみ合った後、上昇するチャートパターンとなります。

こちらは、もみ合い後の上昇が、下降トレンドから上昇トレンドへの転換のサインです。

フラッグ

フラッグ

フラッグは、トレンドの最中の保ち合い相場でよく見られる形です。トレンドとは反対の方向に緩やかに推移していくチャートパターンで、サポートラインとレジスタンスラインの間のチャネルをローソク足が推移していきますが、サポートラインとレジスタンスラインが平行になるのが、特徴です。

上昇トレンドの中で緩やかに下落するフラッグのレジスタンスラインを上方向にブレイクすると、上昇のサインとなり、反対に、下降トレンドの中で緩やかに上昇するフラッグのサポートラインを下方向にブレイクすると、下落のサインとなります。

ラインをブレイクし、フラッグの形が崩れたところで、順張りについていくのが、セオリーです。

ペナント

ペナント

ペナントは、トライアングルや三角保ち合いとも呼ばれる形で、時間が経つに連れ、徐々に値動きが小さくなり、横向きの三角形を形成するチャートパターンです。

値動きが小さくなり、三角形の頂点付近で上方向にブレイクし、上昇、または、下方向にブレイクし、下落します。ラインブレイクして、ペナントの形が崩れると、溜まっていたエネルギーが一気に放出されるかのように値が大きく動くことが多いので、ブレイクした方向に順張りでついていくのが、定石です。

ウェッジ

ウェッジ

ウェッジは、フラッグやペナントとよく似た形ですが、トレンドとは反対方向に三角形を形成するのが、特徴です。

上昇トレンドの最中に、小さな下降トレンドができるイメージで、上値と下値がともに切り下がりながら、徐々に値動きが小さくなるチャートパターン、または、下降トレンドの最中に、上値と下値がともに切り上がりながら、徐々に値動きが小さくなるチャートパターンです。

上昇トレンドの最中にできたウェッジから上方向にブレイクしたら、上昇のサイン、下降トレンドの最中にできたウェッジから下方向にブレイクしたら、下落のサインとなります。

こちらも、順張りでついていくのが、定石です。