信託保全とは

信託保全とは、FX会社に預けられた投資家の資産とFX会社の資産を分けて管理し、その投資家の資産を信託銀行に保管する仕組みのことです。

信託保全により、投資家の資産は、信託銀行でしっかり守られることになるので、万が一、FX会社がつぶれるようなことがあっても、安心。返還が保証されます。

つまり、FX会社が破綻した際に、投資家の資産を保護する仕組みが信託保全なのです。

現在は完全信託保全が義務化されている

実は、以前は、FX業界において、信託保全という仕組みが確立されていなかったために、FX会社が破綻した際、投資家が大きな損害を被ってしまうケースがありました。

しかし、現在では、信託保全が義務化されていて、FX会社に預けられた投資家の資産は、必ず守られることになっています。

ちなみに、信託保全には、完全信託保全(全額信託保全)と一部信託保全(部分信託保全)という2種類があります。完全信託保全は、投資家の資産全額を信託保全するもので、一部信託保全は、投資家の資産の一部のみを信託保全するというものです。

以前は、一部信託保全も認められていましたが、現在では、完全信託保全が義務付けられていますので、投資家の資産は、原則、全額守られているということになります。

守られる投資家の資産の範囲

なお、信託保全により守られる投資家の資産は、証拠金の他、未決済ポジションの評価損益やスワップポイントも含まれます。つまり、その時点における口座内の資産が対象となります。

信託にはタイムラグがある

ただし、投資家がFX口座に保有している資産は、リアルタイムに信託銀行に預けられるとは限りません。FX口座にある投資家の資産は、FX会社により、毎日計算されることになっていますが、信託が行われるのは、計算日の翌日から数えて2営業日以内でなければいけないと定められています。

信託をいつ行うかというのは、それぞれのFX会社により異なりますが、制度上は、2営業日以内に信託を行っていれば問題ありませんので、最大で2営業日のタイムラグが生じることになります。要するに、FX会社は、2営業日前の投資家の資産を信託しているのが、一般的なので、FX会社が破綻したタイミングにおける信託額が投資家の資産より少なければ、全額が返還されない可能性もあります。

信託銀行が破綻しても大丈夫

FX会社が破綻しても大丈夫だということは分かりましたが、信託銀行が破綻した場合、投資家の資産はどうなるのでしょうか。

FX会社が信託を行っている信託銀行が破綻してしまうと、投資家の資産は返って来ないような気もしますが、実は、そのような場合でも投資家の資産は守られる仕組みになっています。信託銀行が破綻した場合も、FX会社が破綻した場合と同じように、投資家の資産は全額返還されるのです。

FX会社が破綻しようが、信託銀行が破綻しようが、投資家の資産は、しっかりと守られる仕組みになっているということですね。

しかし、FX会社が破綻すれば、それ以降、その口座でのトレードはできなくなってしまいますし、破綻しない方が良いに決まっています。取引するFX会社を決める際には、経営的にも安定した信頼できるところを選びたいものですね。