自己資本規制比率は、FX会社等の財務の健全性を測るために導入された指標で、この値が高いほど、経営的に安定していると考えられます。自己資本規制比率が、120%を下回ると、行政処分の対象となりますので、あまりに低いFX会社は、避けた方が良いでしょう。

自己資本規制比率でFX会社を比較

FX会社 自己資本規制比率 口座開設
SBIFXトレード 1,443.9%
593.0%
GMOクリック証券 508.7%
マネーパートナーズ 363.6%
DMMFX 277.2%
外為ジャパン 277.2%
みんなのFX 252.2%
ライブスター証券 232.5%

※2018年9月末時点のもの(FXブロードネットのみ2018年8月末時点)

自己資本規制比率が高いおすすめFX会社

SBI FX

SBIFXトレードは、数あるFX会社の中でも、圧倒的な自己資本規制比率の高さを誇っています。

SBIグループの一員というだけあって、自己資本規制比率に関しては、盤石と言えます。会社の信用を重視したい方には、ピッタリです。