FXには、両建てという手法があります。

両建ては、うまく利用すれば、ピンチを切り抜けるためのテクニックとなるのですが、決して、おすすめできる手法とも言えません。初心者ほど、安易に両建てに手を出してしまう傾向がありますが、その効果と注意点については、しっかり頭に入れておく必要があります。

両建てとは

両建てとは、同じ通貨ペアで、買いと売りのポジションを同時に持つことを言います。

買いと売りのポジションを同時に持っているということは、片方のポジションは利益が出ているはずですが、もう片方のポジションは損失が出ているはずです。つまり、両建てをすると、値が、上がろうが下がろうが、利益または損失は変動することなく、固定されるということになります。

例えば、1ドル=100円のときに、10,000ドルの買いポジションを建てたとします。その後、1ドル=99円まで円高が進んだとすると、このポジションは、10,000円の含み損を抱えていることになりますよね。そこで、この買いポジションを保有したまま、売りのポジションを建て、両建てを行うとします。

すると、1ドル=99円から、値が、上がっても下がっても、両方のポジションを通算すれば、含み損は10,000円で固定されます。

1ドル=98円まで円高が進んだとすると、買いポジションの含み損は、20,000円に膨らみますが、反対に、売りポジションは、10,000円の利益が出ますよね。逆に、1ドル=100円まで値が戻したとすると、買いポジションは、エントリー時の値に戻したことになりますので、含み益も含み損もなくなりますし、売りポジションは、10,000円の含み損を抱えることになります。

両建てのメリット

両建てのメリットとしては、含み損の拡大を防ぐことができるという点が挙げられます。

両建てをすれば、値がどう動いたとしても、両建てを解消するまで、両建てを行った時点の含み損は変わりません。両建てポジションを両方同時に決済すれば、両建てした時点の含み損で損失を限定することができますし、うまく両建てを外せば、利益に変えることもできます。

先述した例で言えば、1ドル=99円のところで売りポジションを建て、両建てを行った後、1ドル=98円まで円高が進んだところで、売りポジションを決済すれば、10,000円の利益が確定します。その後、値が戻し、1ドル=101円まで円安になったとすると、その時点で買いポジションを決済することで、当初含み損を抱えていた買いポジションからも10,000円の利益を得ることができることになります。

このように、うまく利用することで、両建ては、損失を限定するだけでなく、損失を利益に変えることもできる手法となります。

両建てのデメリット

一方、両建てには、デメリットもあります。両建てのデメリットとして考えられる点は、以下の通り。

両建てのデメリット
  • 買いと売り両方のポジションのスプレッドがかかる
  • 買いと売り両方のポジションの証拠金が必要

両建ては、買いと売り両方のポジションを建てることになりますので、その分、スプレッドがかかります。スプレッドは、FX会社に支払う手数料と言えますので、両建てを行えば、両方のポジションの手数料を負担する必要が出てきます。

また、少額の資金でトレードをしている場合は、証拠金にも気を付けておいた方が良いでしょう。両建てをすれば、買いポジションと売りポジション両方の証拠金が必要になります。下手をすると、両建てをすることで資金不足になり、それ以上のポジションが持てなくなるということも考えられます。

両建ては初心者には禁じ手

損失を限定できる、損失を利益に変えることができる、こう聞くと、両建ては、非常に優れた手法のように感じますが、実際はどうでしょうか。うまく値が動いてくれれば良いですが、現実は厳しいものです。

そもそも、含み損を抱えているということは、思った通りに値が動いていないということ。言ってしまえば、負けトレードです。本来であれば、損切りをして、次のチャンスを待つべきですよね。ナンピンと同様、うまく使わないと、何の得もないトレードになってしまいます。

また、いくら損失を限定できると言っても、含み損を抱えたままでいると、精神衛生上良くありません。ストレスを抱えたまま毎日を過ごすより、損切りをして、一度の痛みで済ませた方が賢明と言えます。

損を確定させたくないがために、両建てをしてしまうというのは、初心者にありがちな行動ですが、初心者ほど、両建ては避けるべき。両建てによって、損失を利益に変えることも不可能ではありませんが、両建てを外すタイミングというのは非常に難しく、結局のところ、損失を先送りしただけに終わってしまうケースが多いです。

戦略のないその場しのぎの両建ては、無意味。基本的に、両建ては禁じ手と考えておいた方が良いでしょう。