通貨ペアとは

通貨ペアとは、2種類の通貨の組み合わせのことです。

FXでは、まず、どの通貨ペアの取引を行うかを決めなければいけません。株取引で、どの銘柄を買うかを選ぶのと同じですね。FXは、通貨と通貨の取引で利益を得ようとするものです。そのため、どの通貨とどの通貨の売買を行うのかを選ぶ必要があるのです。その取引を行う通貨の組み合わせが、通貨ペア。

通貨ペアは、通貨と通貨の間に「/」を入れて表します。例えば、「米ドル/円」。我々日本人に最も馴染みのある通貨ペアとも言えますが、これは、米ドルと円の組み合わせのことを表しています。それぞれの通貨の略称から、「USD/JPY」とも表記されます。

通貨ペアの表記は、右側の通貨を売って、左側の通貨を買うことを表しています。「米ドル/円」であれば、円を売って米ドルを買うということです。

FXは、買いから入ることも売りから入ることもできますが、通貨ペアを買うということは、右側の通貨を売って左側の通貨を買うことを意味し、逆に、通貨ペアを売るということは左側の通貨を売って右側の通貨を買うという意味になります。例えば、「米ドル/円」を買うということは、円を売って米ドルを買う、「米ドル/円」を売るということは、米ドルを売って円を買うという意味です。

FXで取引できる通貨ペア

FXでは、様々な通貨ペアの取引ができます。取引できる通貨ペアは、それぞれのFX会社によって異なりますが、FX初心者の方からしたら、どの通貨ペアを選べば良いか、さっぱり分からないというほど、多くの通貨ペアがあります。

代表的な通貨ペア

代表的な通貨ペアとしては、以下のものが挙げられますが、実際には、もっと多くの通貨ペアの取引ができますよ。

通貨ペア略称 通貨ペア名称
USD/JPY 米ドル/円
EUR/JPY ユーロ/円
GBP/JPY 英ポンド/円
AUD/JPY 豪ドル/円
NZD/JPY NZドル/円
CAD/JPY カナダドル/円
CHF/JPY スイスフラン/円
HKD/JPY 香港ドル/円
SGD/JPY シンガポールドル/円
ZAR/JPY 南アフリカランド/円
TRY/JPY トルコリラ/円
NOK/JPY ノルウェークローネ/円
EUR/USD ユーロ/米ドル
GBP/USD 英ポンド/米ドル
NZD/USD NZドル/米ドル
AUD/USD 豪ドル/米ドル

ドルストレートとクロス通貨

通貨ペアは、大きく分けると、ドルストレートとクロス通貨の2種類に分けられます。

ドルストレートは、米ドルと他の通貨のペアのこと。そして、クロス通貨は、米ドルが絡まない通貨ペアのことです。例えば、「米ドル/円」は、ドルストレートですが、「ユーロ/円」は、クロス通貨です。

米ドルは、世界の基軸通貨で、米ドルだけが、他の通貨と直接交換できます。だから、ドルストレート。一方、クロス通貨は、2種類のドルストレートの組み合わせとなります。例えば、「ユーロ/円」なら、「ユーロ/米ドル」と「米ドル/円」の組み合わせです。

実際にトレードをする際には、ドルストレートかクロス通貨かを意識することはないかもしれませんが、ドルストレートが、2種類の通貨の力関係のみを考えれば良いのに対し、クロス通貨の場合は、米ドルを含んだ3種類の通貨の力関係を考えなければならないということは、頭に入れておきましょう。