口座開設をして、いざトレード開始という状況になっても、通貨ペア選びで迷う方も少なくないはずです。FXで取引できる通貨ペアは、非常に多く、まったく馴染みがないような通貨も取引できてしまいます。

トレードできれば、通貨ペアなんてどうでもいいという方もいるかもしれませんが、通貨ペアを安易に考えるのはよくありません。それぞれの通貨には、特有の特徴を持っていて、通貨ペア選びが、トレードの成果に影響を与えることだってあるのです。

ということで、ここでは、通貨ペアを選ぶ際に気を付けておきたい点や初心者の方にもおすすめの通貨ペアをご紹介します。

通貨ペア選びの基準

通貨ペアを選ぶ際に、意識しておきたいのが、以下の2点です。この2つが、通貨ペア選びの基準となります。

通貨ペア選びの基準
  • ドルストレートの通貨ペア
  • 取引量が多い通貨ペア

この条件に当てはまっていなければいけないということはありませんが、これらの基準を満たしている通貨ペアは、比較的、分析しやすく、トレードもしやすいと考えておきましょう。

ドルストレートの通貨ペアを選ぼう

当然ですが、日本人は、どうしても馴染みのあるクロス円の通貨ペアを好みます。しかし、おすすめは、ドルストレートの通貨ペア。

なぜかというと、クロス通貨は、米ドルを含む3種類の通貨の組み合わせとなりますので、分析が複雑になりがちだからです。一方、ドルストレートは、米ドルともうひとつの通貨の組み合わせのため、2種類の通貨の力関係を考えるだけで良いので、比較的、分析がシンプルになります。

取引量が多い通貨ペアを選ぼう

また、取引量の多さも重要です。

取引量が多い通貨ペアは、安定した値動きを見せることが多く、分析しやすいのです。取引量が少なく、流動性が低い通貨ペアの場合は、急激な変動を見せることも珍しくなく、テクニカル分析も効きにくいので、トレードが難しくなってしまいます。

おすすめの通貨ペア

ユーロ/米ドル

最もおすすめの通貨ペアが、ユーロ/米ドルです。

ユーロ/米ドルは、世界的に最もメジャーな通貨ペアです。日本人にとっては、あまり馴染みがないかもしれませんが、世界中で、最も取引量が多い通貨ペアが、このユーロ/米ドルなのです。

ユーロ/米ドルの特徴は、何と言っても、安定した値動きを見せやすく、トレードがしやすいこと。取引量が多いため、流動性が低い時間帯においても、イレギュラーな動きを見せにくく、また、ドルストレートであることから、比較的、分析もしやすいです。

更に、どのFX会社も、ユーロ/米ドルのスプレッドは、低めに設定しているため、他の通貨ペアに比べ、コストがかからないのも、おすすめのポイントとなります。

米ドル/円

馴染みがある通貨ペアのトレードをしたいという方や、円が基準でないとトレードしにくいという方におすすめなのが、米ドル/円です。ユーロ/米ドルは、馴染みがない分、最初の内は手を出しにくいかもしれませんが、米ドル/円なら、それほど抵抗もないのではないでしょうか。

米ドル/円は、ユーロ/米ドルに次ぐ取引量の多さを誇っています。そのため、ユーロ/米ドルのように、安定的な値動きを見せやすいです。また、ドルストレートであることから、単純に、米ドルと円の力関係を考えれば良いので、分析もシンプルで済みます。

スプレッドに関しては、数ある通貨ペアの中でも、最も低いのが、この米ドル/円でしょう。ユーロ/米ドル以上に低めの設定となっているため、取引コストの点では、申し分ありません。

ただ、値動きが少なく、時間帯によっては、相場が停滞することも珍しくありません。為替差益を得るには、為替レートが動いてくれなければ、話になりません。FXは、値が動いてこそ利益を出せるので、その点からすると、米ドル/円は、ユーロ/米ドルに劣っていると言わざるを得ません。

スワップ狙いなら高金利通貨を選ぶ

スワップポイント狙いのトレードを考えているのであれば、高金利通貨が含まれている通貨ペアを選びましょう。スワップポイントは、通貨間の金利差によって生じるものですので、低金利通貨を売って、高金利通貨を買うことによって得ることができます。

通貨間の金利差が、大きければ大きいほど、スワップポイントも大きくなりますので、金利差が大きくなる低金利通貨と高金利通貨の通貨ペアを選ぶと良いでしょう

定番の高金利通貨としては、豪ドルやNZドルといった資源国通貨が挙げられます。対する低金利通貨としては、円やスイスフランといったところが定番です。

ただ、注意が必要なのは、金利は、常に一定ではなく、各国の金融政策によって、変動するという点。スワップポイントも毎日変動していますので、今の金利差が将来どうなっているかは、誰にも分かりません。受け取るスワップポイントが減るかもしれませんし、最悪の場合、マイナスになる可能性すらあります。

スワップポイント狙いのトレードをする際には、この点だけは、必ず頭に入れておきましょう。

マイナー通貨の取引には要注意

南アフリカランドやトルコリラを始めとしたマイナー通貨については、初心者の方は、安易に手を出さない方が良いでしょう。

一般的に、マイナー通貨は、金利が高く、大きなスワップポイントが期待できることから、個人投資家にも人気がありますが、取り扱いには、少々注意が必要です。

というのも、新興国の通貨であるマイナー通貨は、取引量が少ないことから、流動性が低く、値が乱高下しやすいため、下手にエントリーすると、あっという間に損失を出ししまう危険性があります

最初の内は、ユーロ/米ドルや米ドル/円といった定番の通貨ペアからトレードをして、要領をつかんでいくことをおすすめします。