取引通貨単位とは

取引通貨単位とは、取引可能な通貨量の単位を表す言葉です。

取引通貨単位は、それぞれのFX会社によって異なっていて、例えば、取引通貨単位が、1万通貨単位のFX会社の場合は、1万通貨を1単位として、1万通貨から取引ができることを表していて、1,000通貨単位のFX会社の場合は、1,000通貨を1単位として、1,000通貨から取引ができることを表しています。

取引通貨単位が小さいほど少額からトレードが可能

取引通貨単位が小さければ、小さいほど、少量からトレードができますので、それだけ、投資資金も少額で済むことになります。

例えば、1米ドル=100円のときに、米ドル/円の取引を行う場合、1万通貨単位であれば、100万円(1万米ドル×100円)の取引を行うことになり、25倍のレバレッジを効かせるとすると、4万円(100万円÷25)の資金が証拠金として必要になります。一方、1,000通貨単位であれば、その1/10の4,000円の資金で取引ができることになります。

取引通貨単位が小さい=ローリスクローリターン

また、取引通貨単位が小さいということは、ローリスクローリターンのトレードができるということにもなります。

例えば、米ドル/円のトレードにおいて、1米ドル=100円のときに、買いでエントリーしたとすると、1米ドル=101円になれば、1万通貨単位の場合は、1万円の利益が出ます。1,000通貨単位の場合は、その1/10の1,000円の利益です。一方、1米ドル=99円になると、1万通貨単位の場合は、1万円の損失となりますが、1,000通貨単位の場合は、1,000円の損失です。

取引通貨単位が大きければ、それだけ、利益も大きくなりますが、大きな損失を被る危険性もあります。取引通貨単位が小さければ、利益は小さくなりますが、損失も小さくて済むということですね。

FX初心者は少額からのトレードがおすすめ

取引通貨単位は、FX会社ごとに決まっていて、FX会社が違えば、取引通貨単位も異なります。1万通貨単位というのが、一般的ではありますが、1,000通貨単位から取引できるFX会社もありますし、中には、100通貨単位や1通貨単位から取引できるところもあります。

ちなみに、取引通貨単位は、あくまでも取引可能な最低ラインを表しているだけですので、ロット数を増やせば、それだけ、大きな取引もできます。例えば、取引通貨単位が、1,000通貨単位のFX会社であっても、10ロットの売買を行えば、1万通貨(1,000通貨×10)の取引ができるということになります。取引通貨単位が小さいFX会社の方が、かゆいところに手が届くとも言えるかもしれません。

準備できる投資資金が少ない場合やできるだけリスクを抑えたトレードをしたいということであれば、1,000通貨単位以下のFX会社からトレードを始めると良いと思います。トレードに慣れてきたら、取引量を増やして、大きな利益を狙ってみましょう。

1,000通貨単位以下で取引できるおすすめFX会社

SBI FX

SBIFXトレードは、1通貨から取引ができる非常に珍しいFX会社です。

1通貨の取引に必要な資金は、なんと約4円(1米ドル=100円の場合)。超少額かつローリスクのトレードができるので、FX初心者の方には特におすすめです。