FX会社の中には、NDD方式やインターバンク直結型という謳い文句でアピールしているところがあります。しかし、NDD方式がどういったものなのかを理解しているトレーダーは、あまり多くはないはず。

FX会社の取引方式は、DD方式とNDD方式という2種類に大別され、FX会社におけるトレーダーの注文を処理する流れの違いを表したものになります。

どちらの方式を採用していようと、トレードの際に、その違いを実感することはほとんどないため、少々コアな話にはなるのですが、気にする方は、気にする項目でもあります。

ということで、ここでは、DD方式とNDD方式の違いについて、解説していきます。

DD方式とは

DD方式とは、ディーリングデスク(Dealing Desk)方式の略で、トレーダーとインターバンクの間にFX会社のディーラーが介在する取引方式のことを言います。OTC方式と呼ばれることもあります。

DD方式の場合、トレーダーは、インターバンク市場の参加者と直接的に取引を行うのではなく、FX会社のディーラーと取引を行うことになります。そして、トレーダーの注文を受けたFX会社のディーラーが、インターバンク市場の参加者とカバー取引を行うという仕組みです。

つまり、DD方式では、トレーダーとFX会社の取引、FX会社とインターバンク市場の取引という2段階の取引が行われているということになります。

DD方式では、トレーダーとインターバンクの間に、FX会社のディーラーが介入することになりますので、FX会社の裁量が、トレーダーの取引に影響を及ぼすことがあります。この点が、DD方式のデメリットであり、一部のトレーダーから嫌がられる点でもあります。

NDD方式とは

一方、NDD方式は、ノーディーリングデスク(No Dealing Desk)方式の略で、トレーダーとインターバンクの間にFX会社のディーラーが介在しない取引方式です。インターバンク直結型と呼ばれることもあります。

トレーダーの注文は、DD方式同様、一旦、FX会社を経由することにはなりますが、そこにディーラーは介入せず、自動的にインターバンクに流れるようになっています。そのため、FX会社の裁量によって、トレーダーの取引が左右されることはありません。

なお、NDD方式は、更に、STP方式とECN方式という2つに分けられます。

STP方式とは

STP(Straight Through Processing)方式は、トレーダーの注文をFX会社がカバー先に流し、取引を成立させる取引方式です。

トレーダーの注文は、自動的にカバー先に流れるようになっていますので、NDD方式のように、FX会社の裁量で取引結果が左右される可能性はなくなります。

ECN方式とは

ECN(Electronic Communications Network)方式は、海外FX会社で多く取り入れられていて、トレーダーの注文をECNと呼ばれる電子取引所に流して、他のECN参加者の注文とマッチングさせる取引方式です。

FX会社は、トレーダーの注文をECNに流す仲介役になっているだけですので、その注文にFX会社が介入する余地がないため、非常に透明性の高い取引方式と言われています。

DD方式ではトレーダーとFX会社の損益は相反する

DD方式とNDD方式は、トレーダーの注文を処理する流れの違いではありますが、FX会社の利益構造にも、大きな違いがあります。

DD方式の場合、一旦、トレーダーとFX会社の間で取引が行われることになりますので、トレーダーとFX会社の間で相対取引が行われていることになります。つまり、トレーダーが利益を上げれば、FX会社は損失を被りますし、トレーダーが損失を被れば、FX会社の利益となる訳です。

トレーダーに利益となる場合は、FX会社は、カバー取引を行わないと、損失を出してしまいますが、トレーダーが損失を出してくれれば、FX会社の利益となりますので、わざわざリスクヘッジのためのカバー取引を行う必要はありません。

DD方式の場合、FX会社は、必ずしも、カバー取引を行っている訳ではなく、自身に都合の悪い注文を受けたときだけカバー取引を行っているのです。

トレーダーからすると、あまり知りたくない事実かもしれませんが、DD方式では、トレーダーの負けが、FX会社の利益となっているということです。

一方、NDD方式の場合、FX会社の利益は、トレーダーからの手数料収入によって成り立っています。トレーダーの注文にスプレッドを上乗せしたり、別途、手数料を設けることで利益を得ていますので、トレーダーの損益とFX会社の損益の間に関連性はありません。

NDD方式は透明性の高さが魅力

DD方式は、FX会社の裁量で取引されることから、取引の透明性の低さが欠点と言えます。

FX会社が、カバー取引を行うかどうかは、トレーダーにとって、何の関係もないのですが、FX会社にとって不利な注文を約定拒否したり、レートを左右したりしていては、話は別です。真意は分かりませんが、DD方式を採用しているFX会社では、このようなことが行われているのではないかという悪い噂がささやかれているのも、事実です。

一方、NDD方式は、FX会社の裁量が及ぶ余地が小さいため、その透明性の高さが大きなメリットです。言い換えれば、より公平性が保たれていると言うこともできるでしょう。

取引の透明性が気になるという方は、DD方式を採用しているFX会社を使うと良いかもしれませんね。