投資の世界におけるテクニカル分析の理論にダウ理論というものがあります。

ダウと聞いて、多くの方が思い浮かべるのが、ダウ・ジョーンズ工業平均株価ではないでしょうか。いわゆるダウ平均株価です。ダウ理論は、このダウ平均株価を考案したチャールズ・ダウというアメリカの証券アナリストが完成させた理論です。

ダウ理論は、元来、株式投資における理論ですが、FXにおいても、活用することができますので、覚えておくと良いですよ。

ダウ理論の基本法則

ダウ理論は、以下の6つの基本法則から成り立っています。

ダウ理論の基本法則
  • 平均はすべての事象を織り込む
  • トレンドには3種類ある
  • 主要トレンドは3段階からなる
  • 平均は相互に確認されなければならない
  • トレンドは出来高でも確認されなければならない
  • トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

平均はすべての事象を織り込む

少し分かりにくいかもしれませんが、市場価格には、あらゆるファンダメンタルズ的要因が反映されているという意味です。経済指標はもちろん、自然災害やテロといった予測不可能な事象、実需筋の行動といったあらゆる要素を反映したものが、市場価格であるとしています。

つまり、市場価格が描かれたチャートは、あらゆる情報が詰まっているものであり、値動きを分析するための非常に重要なツールだと言うことができます。

トレンドには3種類ある

まず、ダウ理論では、トレンドには、アップトレンド(上昇トレンド)とダウントレンド(下降トレンド)の2つがあり、それぞれのトレンドを以下のように定義しています。

アップトレンド
高値と安値がそれぞれ切り上がっているもの
ダウントレンド
高値と安値がそれぞれ切り下がっているもの

トレンドを判断するのに、高値と安値がともに切り上がっている、または、切り下がっていることを確認するのは、非常に重要です。高値と安値のどちらか一方が切り上がっている、または、切り下がっているだけでは、トレンドが完成したと言うことはできません。

そして、ダウ理論では、トレンドをその期間から以下のように分類しています。

主要トレンド
1年~数年のサイクル
二次トレンド
3週間~3ヵ月のサイクル(主要トレンドの調整局面)
小トレンド
3週間未満のサイクル(二次トレンドの調整局面)

二次トレンドは、主要トレンドの調整局面で、小トレンドは、二次トレンドの調整局面とされています。

トレンドは、常に一方向に動いているのではなく、どれだけ強いトレンドでも、トレンドとは反対の方向に動く調整局面がありますが、このことをダウ理論では、主要トレンド、二次トレンド、小トレンドという概念で理論化しました。

主要トレンドは3段階からなる

主要トレンドは、以下の3段階から構成されるとされています。

先行期
先行者である少数の投資家が底値買いをする時期
追随期
相場の上昇を見て追随する投資家が買いを入れる時期
利食い期
先行期に買いを入れた投資家が利食いをする時期

先行期は、少数の投資家が、逆張りで買い始める時期です。この段階では、トレンドとしては、まだまだ緩やかですが、追随者となる投資家が相場の上昇を見て買いを入れる追随期になると、トレンドにも勢いができます。そして、先行投資家が利食いをするのが、利食い機。この段階になると、トレンドの勢いは弱まっており、トレンドにも終わりが見えてきます。

平均は相互に確認されなければならない

ダウ理論では、複数の平均的な指標でシグナルを確認できなければ、トレンドとは捉えられないとしています。

トレンドと判断するには、単一ではなく、複数の株価指数において、同じシグナルを確認する必要があるという意味です。例えば、ダウ工業平均株価というひとつの指標だけでなく、他の指標においても、トレンドを確認する必要があるという意味になります。

為替取引は、通貨と通貨の交換で、為替レートは、交換を行う通貨の力関係で決まりますので、この法則を単純にFXの世界に持ち込むのは難しいですが、複数の通貨ペアの値動きから、その時々の通貨の強さを判断することはできます。

例えば、米ドル/円とユーロ/米ドルの値動きを見ると、3つの通貨の関係性が見えてきます。米ドルは、円よりも強いけど、ユーロよりは弱いといった感じです。為替レートの変動には、通貨間における様々な要素が絡むので、このような考え方だけで、通貨の強さの序列を判断することはできませんが、トレードをする通貨ペアの値動きだけではなく、他の通貨ペアの値動きをチェックすることで、見えてくることもあるため、広い視野を持って相場を見ることの大切さは、FXの世界でも同じです。

トレンドは出来高でも確認されなければならない

ダウ理論では、出来高において、以下のような状況が見られると、トレンドが発生したものと考えることができるとしています。

アップトレンド
値上がり時に出来高が増加し、値下がり時に出来高が減少する
ダウントレンド
値上がり時に出来高が減少し、値下がり時に出来高が増加する

ダウ理論では、トレンドの判断材料に出来高を取り入れていますが、FXでは、出来高を確認することができませんので、この法則を用いることは難しいですね。

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

上昇トレンドは、高値と安値がともに切り上がっている状況、下降トレンドは、高値と安値がともに切り下がっている状況を言いますが、このパターンが崩れ、逆転したときが、トレンドの転換点となります。

この法則で需要なことは、トレンドが転換したと判断するには、明確なシグナルが必要だということ。言い換えれば、一度トレンドが発生すると、そのトレンドは、一定期間継続するものと言うことができます。トレンドは、簡単には終わらないのです。

この法則は、トレンドに乗ったトレードの重要性を説いています。トレンドに乗ることは、FXの基本です。トレンドに逆らったトレードをしていては、損失ばかりが膨らんでいきますし、トレンドに乗ったトレードができれば、大きな利益を上げることもできます。

ダウ理論のまとめ

ダウ理論で述べられている基本法則は、すべてではありませんが、FXの世界でも、十分に活用することができますし、FXにおいても、非常に重要な考え方になります。

特に、トレンドの定義やトレンドフォローの重要性は、絶対に頭に入れておくべき事項です。

ダウ理論さえ覚えておけば勝てるという訳ではありませんが、テクニカル分析の基礎を成す理論ですので、常に頭の片隅に置いておきましょう。