ファンダメンタルズ分析の中でも、特に重要なのが、経済指標です。

経済指標は、毎日のように、各国の政府機関等から発表されていて、指標によっては、その結果が、今後の為替相場を左右するほどの影響力を持っています。経済指標の結果が、中長期的なトレンドを作ることもありますし、短期的な為替レートの乱高下の原因にもなりますので、重要指標については、特に気を配っておく必要があります。

主な経済指標

一口に経済指標と言っても、その数は非常に多く、毎日のように、世界中で何かしらの経済指標が発表されています。その中でも、代表的な指標として、以下のようなものが挙げられます。

主な経済指標
  • 政策金利
  • GDP
  • 雇用統計
  • 消費者物価指数

もちろん、為替相場に影響を与える経済指標は、これだけではなく、聞いたこともないような指標もたくさんあります。時には、マニアックな指標が、相場を動かすこともあるのですが、各国におけるこれらの指標は、数ある経済指標の中でも、基礎的かつ重要な指標になりますので、必ずチェックしておきましょう。

アメリカの指標が世界を動かす

経済指標は、各国の政府機関等から発表されますが、中でも、アメリカの経済指標は、超が付くほど重要です。世界経済を動かしているのは、やはり、アメリカ。そのアメリカの経済指標は、世界中のトレーダーが注目しているのです。

特に、毎月第1金曜日に発表されるアメリカの雇用統計は、為替相場に対して、非常に大きな影響力を持っていて、最も重要な経済指標と言えます。発表時には、一瞬の間に100pipsを超える乱高下を見せることもありますし、結果によっては、これまでの流れを一瞬でひっくり返すほどの力があります。

雇用統計を始めとして、アメリカの経済指標は、相場を動かす大きな力を持っているものが多いので、特に気を付けておきましょう。

予想外の結果が相場を大きく動かす

経済指標をチェックする際、注目しておかなければならないのが、事前予想値と結果との差です。

経済指標の発表前には、各金融機関等から、予想値というものが、発表されています。概ね、この予想値通りの結果となれば、重要な指標であっても、何事もなかったかのように静かな相場になったりするのですが、予想外の結果となったときには、パニックとも言えるような値動きを見せることがあります。サプライズは、相場を大きく動かすのです。

そのため、経済指標をチェックするにあたっては、予想値と比べて、結果がどうであったかを見るようにしましょう。

経済指標発表時は静観しておく

経済指標は、為替相場におけるイベントです。そう聞くと、楽しそうな感じがしますが、指標発表時には、下手にポジションを持たない方が良いです。

経済指標発表時には、乱高下を見せることも多いですし、指標発表前から予測できない値動きを見せることもあります。また、指標発表前後は、スプレッドが大きく広がってしまって、はっきり言って、トレードにならないような状況も少なくありません。

このような中、下手にトレードをすると、一瞬で大きな損失を出してしまいます。もちろん、うまく行けば、大きな利益を得られるかもしれませんが、あまりにリスキーです。重要指標の発表時には、ポジションを持たず、落ち着いて、相場を見るようにしましょう。