フィボナッチリトレースメントは、フィボナッチ数列を投資の世界に持ち込んだもので、直近の高値と安値を結んで、押し目や戻りを探ろうとするものです。

一見あてにならなそうな分析法ですが、実際に使ってみると、不思議なことに、フィボナッチ数が見事に相場の転換点になっていることも多く、多くのトレーダーから支持されています。

フィボナッチリトレースメントとは

フィボナッチリトレースメントは、フィボナッチ数列という数列を活用したテクニカル指標です。

フィボナッチ数列とは

フィボナッチ数列は、イタリアの数学者であるレオナルド・フィボナッチにちなんで名づけられた数列で、0,1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144…といった具合に、直前の2つの数の和を並べたものです。

ただの数列のように見えますが、不思議なことに、フィボナッチ数列は、自然界にも多く見られます。花びらの数やヒマワリの種の螺旋、アンモナイトやオウムガイの殻の螺旋にも、フィボナッチ数列が潜んでいます。

フィボナッチ数列は、人間が最も美しく感じるとされる黄金比にも関連が強く、隣り合う数の比は、黄金比に近づいていくという特徴を持っています。

このフィボナッチ数列を用いて、値動きを分析しようとしたものが、フィボナッチリトレースメントです。

フィボナッチリトレースメントの見方

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントは、高値と安値をもとに、トレンドにおける押し目や戻りといった相場の転換点を探るために用いられる分析法です。そのため、まずは、フィボナッチリトレースメントを表示させるための高値と安値を選択する必要があります。トレンドの起点とピークとなった高値と安値を選んでみましょう。

選択した高値と安値をもとに、フィボナッチリトレースメントを表示させると、その高値と安値が0%と100%となり、その間に、23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76.4%といった数字が表示されます。これらの比率こそ、フィボナッチ数列に基づいた比率。

上のチャートは、上昇トレンドの起点と頂点を基準に、フィボナッチリトレースメントを表示させたものですが、トレンドのピークから38.2%押したところで、一旦、反転上昇しています。そして、23.6%まで反転した後、再び下落。その後も、50.0%や61.8%、76.4%といったフィボナッチ比率の水準が、トレンドの転換点となっていることが分かります。

このように、フィボナッチ比率は、サポートラインやレジスタンスラインとして機能することがあるのです。

フィボナッチリトレースメントの使い方

どんなに強いトレンドでも、いつかは落ち着きます。トレンドには、必ず、押し目や戻りとなるポイントがありますが、それを分析しようとするのが、フィボナッチリトレースメント。

フィボナッチリトレースメントを使うことで、トレンドにおける押し目買いや戻り売りのポイントが見えてきます。

トレンドが落ち着いてきたなと思ったら、トレンドの起点と頂点を結んで、フィボナッチリトレースメントを表示させてみましょう。トレンドの転換点を探るのに役立つはずです。

フィボナッチ数列は、何の根拠もないようで、信用できないかもしれませんが、騙されたと思って、トレードに使ってみてください。不思議とトレンドの転換点が見えてきます。機能するということは、それだけ、多くのトレーダーが、フィボナッチを信用してトレードに使っている証拠。

他のテクニカル指標と組み合わせて使うことで、より信憑性のたかいものとなりますので、うまくトレードに活用してみてください。