FXは、少額から始められるため、比較的、取っつきやすいのが魅力。10万円もあれば、とりあえずFXを始めることは可能です。

とは言え、少額でもお金はお金。負けて、損失を出してしまえば、大事なお金を失ってしまいます。下手をすれば、資産の大半を失ってしまうなんてことも十分にあり得るのです。FXを始める際に、まず頭に入れておいてもらいたいのが、FXは、あくまでも余剰資金で行うということです。

FXに使っても良いお金

FXに使っても良いのは、余剰資金。では、余剰資金とは何かというと、生活費と生活防衛資金を除いたお金のことを言います。つまり、毎日の生活に必要なお金と、万が一に備えてキープしておくべきお金を除いたお金で、投資資金はまかなうべきなのです。

生活資金でFXは絶対避ける

FXに限った話ではありませんが、投資に生活資金をつぎ込むのは、ご法度です。

投資は、利益が出ることもあれば、損失を出してしまうこともあります。一山当ててやろうという気持ちはよく分かるのですが、生活資金でそれをやってしまうと、生活すらままならない悲惨な状況に陥ってしまうことも考えられます。

ましてや、FXの場合は、レバレッジを効かせられることから、大きく稼げる一方、一瞬で多額の損失を抱えることすらあります。FXが原因で借金生活なんてことにならないように、生活資金には、絶対に手を付けないようにしましょう。

急な出費にも備えよ

生活費をFXに使ってしまうのは、絶対に避けるべきですが、急な出費にも対応できるよう、生活費とは別に、ある程度のお金は、貯めておくべきです。いわゆる、何かあったときのための生活防衛資金ですが、これをFXに使ってしまうのも、NG。

生活防衛資金を失ってしまえば、毎日、自転車操業状態で、何かあったときには、お金を借りる羽目になってしまいかねません。生活費とともに、生活防衛資金も、FXの資金とすべきではありません。

余剰資金での投資を徹底すべし

生活費と生活防衛資金を除いた余剰資金であれば、仮に大半を失ったとしても、生活に支障を来たすことはありません。もちろん、余剰資金であろうが、大半を失うのは、つらいですが、FXが引き金で生活が壊れるということは避けられるはずです。

多くの方は、お金が欲しい、お金を増やしたいから、FXをするのですが、余剰資金で行うということを徹底できていないと、生活苦に陥ったり、借金を抱えたりしてしまいます。そのような方は、FXよりも先に、上手なお金の管理を勉強すべきです。

余剰資金から始めていても、負けを繰り返す内に、生活費や生活防衛資金に手を付けてしまうなんてことも、よくあります。FXは、余剰資金で。このことは、常に頭に入れておきましょう。