ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析は、経済の基礎的条件を基に相場を分析する手法のことです。これだけでは、何のことかさっぱりだと思いますが、為替市場は、様々な経済的要因により、変動します。例えば、各国の物価や雇用情勢、金利政策等です。為替レートは、これらの要因の影響を受けて、日々変動しています。

ファンダメンタルズ分析では、これらの要因を基に、相場がどのように変動するのかを分析することになります。

代表的なファンダメンタルズ要因

ファンダメンタルズ分析には、様々な情報を読み解くことが大切ですが、ファンダメンタルズの代表的なものとしては、以下のようなものが挙げられます。

代表的なファンダメンタルズ要因
  • GDP
  • 失業率
  • 政策金利
  • 経済指標
  • 要人発言

もちろん、これらの要因だけ見ておけば、ファンダメンタルズ分析はバッチリということではありません。これらの情報以外にも、相場に影響を与える要因はたくさんありますが、このような情報を基に相場を分析するのが、ファンダメンタルズ分析だと考えてください。

ファンダメンタルズが大きな流れを作る

相場を分析するためには、ファンダメンタルズもテクニカルもどちらも大切です。どちらか一方だけやっていれば良いというものではありません。

ただ、ファンダメンタルズの方が、よりマクロ的な分析に向いていると言えます。為替相場の大きな流れを作るのは、テクニカルよりも、ファンダメンタルズの方だからです。

例えば、円相場を見ても、長く続いた円高が、2012年の途中から円安へと反転しました。これは、日銀の金融政策により、円安が誘導されるのではというファンダメンタルズが働いたからです。

相場の中長期的な流れは、ファンダメンタルズの影響を強く受けています。スイングトレードのような中長期的なトレードを行う場合はもちろんですが、デイトレードのような短期的なトレードの場合も、大きなトレンドに逆らわずにトレードをすることで、利益を上げやすくなります。

ファンダメンタルズ分析には、それなりの知識も必要ですが、FXにおける相場の分析には、欠かせないものですので、頑張って勉強してみましょう。

常にアンテナを張っておくこと

ファンダメンタルズ分析で勝とうと思ったら、ニュースや要人の発言に常にアンテナを張っておくことが重要です。特に、世界経済の中心にあるアメリカの経済動向は、為替市場に多大な影響を与えます。

また、経済的なニュースや経済指標はもちろん、一見、為替市場とは何の関係もなさそうな出来事にも気を付けておきましょう。戦争や天災も為替市場に大きな影響を与えることがあります。例えば、東日本大震災が発生した直後、リスク回避の円買いにより、円高が急激に進行しました。このような経済ニュースでなくとも、為替市場の動向を占う鍵になりますので、様々なニュースに敏感になっておくことが大切ですよ。