FXは、レバレッジを効かせられるため、少額でも大きな利益を得られる点が、魅力のひとつです。それでは、どの程度の資金があれば、FXを始めることができるのでしょうか。

FXには証拠金が必要

FXでトレードを行うには、FX口座に証拠金を預ける必要があります。FXをするための担保のようなものです。投資家は、この証拠金を元手にトレードを行うのですが、証拠金が、一定水準以上でなければ、トレードを行うことはできません。

それでは、一定水準とはどの程度かというと、取引額の4%(1/25)です。

現在の日本では、いわゆるレバレッジ規制によって、FX会社は、投資家から、取引額の4%以上の証拠金の預託を受けることが義務付けられています。つまり、投資家が、トレードを行う際、25倍のレバレッジをフルに活用したとすると、最低でも、取引額の4%(1/25)の証拠金をFX口座に預けておく必要があるということになります。

例えば、1米ドル=100円のときに、米ドル/円の売買を行おうとすれば、1万通貨単位のFX会社であれば、4万円(100円×1万米ドル×4%)の証拠金が必要となりますし、1,000通貨単位のFX会社であれば、4,000円(100円×1,000米ドル×4%)の証拠金が必要となります。

このように、ポジションを持つために必要となる証拠金を必要証拠金と言いますが、必要証拠金の額さえあれば、FXでトレードを行うことは可能です。数万円どころか数千円もあれば、取引ができてしまうということですね。

取引通貨単位が小さいほど証拠金も少なくて済む

トレードを行うには、取引額の4%の証拠金が必要となります。ということは、取引額が大きければ、大きいほど、必要となる証拠金の額も大きくなりますし、取引額が小さければ、小さいほど、必要となる証拠金の額は小さくなります。

つまり、取引額を減らせば、それだけ、少額の資金でFXを始めることができるのです。

FX会社は、取引可能な通貨量の単位をあらかじめ設定しています。これを取引通貨単位と言いますが、多くのFX会社が採用しているのが、1万通貨単位です。1万通貨単位のFX会社の場合は、1米ドル=100円とすれば、米ドル/円の取引においては、4万円(100円×1万米ドル×4%)の証拠金が必要となります。

しかし、FX会社の中には、1万通貨単位よりも小さい取引通貨単位を設定しているところもあります。1,000通貨単位や100通貨単位、1通貨単位から取引が可能なFX会社もあるのです。1米ドル=100円の場合、1,000通貨単位であれば、必要証拠金は、4,000円で済みます。当たり前ですが、1万通貨単位のFX会社の1/10の証拠金があれば、トレードができることになります。

できるだけ少額の資金でFXを始めたいという方は、1万通貨単位のFX会社よりも、1,000通貨単位以下の取引通貨単位を設定しているところを選ぶと良いでしょう。

必要証拠金ギリギリでは厳しい

必要証拠金の額さえ用意できれば、FXでトレードを行うことは可能ですが、はっきり言って、その金額だけでは、厳しいでしょう。

というのも、預けている証拠金が、必要証拠金の額を下回ってしまった場合、FX会社から、追加で証拠金を預けるよう警告(マージンコール)されたり、強制的に決済(ロスカット)されたりするからです。マージンコールがあれば、追加の証拠金を預け入れなければ、ロスカットされることになりますし、ロスカットとなれば、資金が必要証拠金を下回ってしまいますので、それ以上のトレードができなくなってしまいます。

1万通貨の取引を行っている場合、為替レートが、期待している方向とは反対の方向に1円動くと、1万円の損失が出てしまいます。4万円の証拠金の内の1万円が、あっという間に吹き飛ぶということも、余裕で起こり得るのです。

手元資金の額は、もちろん、多ければ多いほど良いのですが、1万通貨単位のFX会社で取引を行うのであれば、最低でも、10万円の資金は欲しいところです。10万円あれば、多少の為替レートの変動にも耐えることができますし、損切りを徹底していれば、それなりの回数のチャレンジができるはずです。

もし、数万円以下の資金から始めたいということであれば、1万通貨単位のFX会社ではなく、1,000通貨単位やそれ以下の通貨単位で取引ができるFX会社を選ぶと良いですよ。

1,000通貨単位以下で取引できるおすすめFX会社

SBI FX

SBIFXトレードは、1通貨から取引ができる非常に珍しいFX会社です。

1通貨の取引に必要な資金は、なんと約4円(1米ドル=100円の場合)。超少額かつローリスクのトレードができるので、FX初心者の方には特におすすめです。