ローソク足と移動平均線を使ったテクニカル分析法にグランビルの法則というものがあります。

グランビルの法則は、アメリカの投資分析家であるジョセフ・E・グランビルによって考案された分析法で、ローソク足と移動平均線の位置関係によって、売買のタイミングを判断しようとするものです。

テクニカル分析の基礎となるローソク足と移動平均線を使った分析法ですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

グランビルの法則の売買シグナル

グランビルの法則では、4つの買いシグナルと4つの売りシグナルについて、まとめられています。

グランビルの法則

上の図は、グランビルの法則における8つの売買シグナルを表したものです。黒い実線がローソク足の動き、緑の点線が移動平均線の動きを表しています。また、赤い丸は、グランビルの法則における4つの買いシグナルのポイント、青い丸は、4つの売りシグナルのポイントを示しています。

グランビルの法則の買いシグナル

買いシグナル①
移動平均線が、下向きから横ばいまたは上向きに転じる局面で、ローソク足が移動平均線を下から上に突き抜ける
買いシグナル②
移動平均線が、上向いている局面で、ローソク足が移動平均線を下から上に突き抜ける
買いシグナル③
ローソク足が、上向いている移動平均線の上にある局面で、移動平均線付近まで下落したものの、移動平均線を突き抜けることなく、再び上昇する
買いシグナル④
ローソク足が、下向いている移動平均線から大きく乖離して下落

買いシグナル①は、上昇トレンドへの転換のシグナルです。下降トレンドから上昇トレンドに転換するところを順張りで狙おうとするものになります。買いシグナル②と③は、上昇トレンドの中の押し目買い狙い、買いシグナル④は、下降トレンドにおいて、売られ過ぎているところを狙う押し目買いのポイントです。

グランビルの法則の売りシグナル

売りシグナル①
移動平均線が、上向きから横ばいまたは下向きに転じる局面で、ローソク足が移動平均線を上から下に突き抜ける
売りシグナル②
移動平均線が、下向いている局面で、ローソク足が移動平均線を上から下に突き抜ける
売りシグナル③
ローソク足が、下向いている移動平均線の下にある局面で、移動平均線付近まで上昇したものの、移動平均線を突き抜けることなく、再び下落する
売りシグナル④
ローソク足が、上向いている移動平均線から大きく乖離して上昇

売りシグナル①から④は、買いシグナル①から④と反対のパターンになります。売りシグナル①は、上昇トレンドから下降トレンドに転換するところを順張りの売りで狙うポイント。売りシグナル②と③は、下降トレンドの中の戻り売り狙い、売りポイント④は、上昇トレンドの中で買われ過ぎているところを戻り売りで狙おうとするものです。

グランビルの法則のだましに要注意

グランビルの法則は、ローソク足と移動平均線を使った基礎的なテクニカル分析法になります。シンプルで分かりやすいので、すぐにでもトレードに活用できるものになっていますが、だましには注意が必要です。シンプルであるがために、だましの数も比較的多くなってしまいます。

だましを避けるには、グランビルの法則単体で売買を判断するのではなく、他のテクニカル指標と組み合わせるのが、有効。移動平均線に加え、他のテクニカル指標をチャート上に表示させて、複数のシグナルが発せられたときに売買を行うようにすると、だましも減り、テクニカル分析の精度も高まりますよ。