チャートに線を引くことは、超基本的なテクニカル分析手法です。チャート上に引く線と言えば、トレンドラインがありますが、もうひとつ代表的なものに、ホリゾンタルラインというものがあります。トレンドライン以上に簡単に引ける線なのですが、値動きを分析する上で、重要なポイントをあぶりだせますので、ぜひ、頭に入れておきましょう。

ホリゾンタルラインとは

ホリゾンタルライン

ホリゾンタルラインは、その名の通り、チャート上に水平に引かれた線です。安値と安値または高値と高値を結ぶトレンドライン以上にシンプルな線ですよね。

それでは、どのようにホリゾンタルラインを引くかというと、チャート上の高値や安値から水平に線を引っ張るだけ。超簡単です。

ホリゾンタルラインから読み取れるのは、相場の節目です。トレンドラインがサポートラインとレジスタンスラインとして機能するのと同様に、ホリゾンタルラインもサポートラインとレジスタンスラインとして機能します。

サポートライン

サポートライン

安値を基準に引かれたホリゾンタルラインは、サポートラインとして機能することがあります。この場合、下落しても、ホリゾンタルラインで支えられて、反発し上昇します。

レジスタンスライン

レジスタンスライン

逆に、高値を基準に引かれたホリゾンタルラインは、レジスタンスラインとして機能することがあります。この場合は、上昇しても、ホリゾンタルラインで押さえつけられて、反発し下落します。

ホリゾンタルラインの役割は入れ替わることもある

ホリゾンタルラインの役割の変化

また、ホリゾンタルラインは、これまでサポートラインとして機能していたものが、一旦、ブレイクすることで、今度はレジスタンスラインとして機能したり、逆に、レジスタンスラインとして機能していたものが、サポートラインとして機能するようになったりと、役割が入れ替わることもあります。

ホリゾンタルラインで示される節目というのは、それだけ大事なポイントになるのです。

ホリゾンタルラインの使い方

ホリゾンタルラインの使ったトレードテクニックとしては、反発したところを狙う方法とブレイクしたところを狙う方法が考えられます。

ホリゾンタルラインで反発したところを逆張り

ホリゾンタルラインは、サポートラインまたはレジスタンスラインとして機能することから、ホリゾンタルラインで跳ね返されたところを逆張りでエントリーするという戦略があります。

サポートラインとなっているのであれば、ホリゾンタルライン付近で買い注文、レジスタンスラインとなっているのであれば、売り注文を入れて、逆張りで攻めましょう。

ホリゾンタルラインをブレイクした方向についていく

ホリゾンタルラインが、サポートラインやレジスタンスラインとして機能している場合、そこをブレイクすると、ブレイクした方向に勢いづく傾向にあります。サポートラインをブレイクすれば、急落し、レジスタンスラインをブレイクすれば、急騰することが多いのです。

ホリゾンタルラインブレイク

そのため、ホリゾンタルラインをブレイクしたら、その方向についていくのも、有効なテクニックです。サポートラインをブレイクしたら、売りでエントリー、レジスタンスラインをブレイクしたら、買いでエントリーしましょう。

ホリゾンタルラインのまとめ

ホリゾンタルラインは、超シンプルかつ簡単なテクニカル分析でありながら、相場における重要なポイントを明らかにしてくれます。

ホリゾンタルラインの引き方としては、直近の高値や安値から引くのが、基本。トレーダーは、直近高値や直近安値をブレイクできるかどうかというところを常に注視しているからです。また、例えば、100円や110円といったように、キリの良い数字も、トレーダーの心理的な節目となりやすので、そこからホリゾンタルラインを引くのも、ひとつの方法です。

まずは、チャート上の際立ったポイントからホリゾンタルラインを引いてみましょう。重要な相場の節目が見えてくるかもしれません。