IFDOCO注文とは

IFDOCO注文IFO注文)は、その名前から分かる通り、IFD注文とOCO注文を組み合わせたものです。つまり、新規注文(一次注文)と決済注文(二次注文)を同時に出すことができ、かつ、決済注文(二次注文)をOCO注文とすることができるという注文方法になります。

二次注文をOCO注文とすることができるため、IFD注文の欠点だった二次注文に1つの注文しか設定できないという点を解消してくれます。

IFD注文の場合は、一次注文でエントリーした後、二次注文で指値、または、逆指値のどちらかしか設定できないため、利確か損切りのどちらかを手動で行う必要がありましたが、IFDOCOの場合は、二次注文に指値も逆指値も設定することができることから、エントリーに加え、利確と損切りの両方を一度に発注することができます。

IFDOCO注文の特徴

IFDOCO注文の特徴
  • 売買を行う価格を指定できる
  • 希望通りの価格に到達すれば自動的に売買が成立する
  • 注文通りの価格に到達しなければ売買が成立しない
  • IFD注文とOCO注文を同時に出すことができる
  • 一次注文が約定すると二次注文が有効になる
  • 二次注文の一方の注文が約定するともう一方の注文はキャンセルされる

IFDOCO注文は、IFD注文とOCO注文の組み合わせですので、当然ですが、IFD注文の特徴である一次注文と二次注文を同時に出すことができるという点とOCO注文の特徴である一方の注文が約定した場合、もう一方の注文がキャンセルされるという点の両方の特徴を持っています。

そのおかげで、新規注文の後に、利確と損切りの両方を設定することができるようになっています。

IFDOCO注文の活用法

例えば、1米ドル=100円のときに、1米ドル=99円になったら、エントリーをして、その後、100円まで上がったら、利確、反対に98円まで下がったら、損切りをしたいとします。

この場合、IFDOCO注文を活用して、一次注文に、1米ドル=99円で指値注文を設定します。そして、二次注文に、1米ドル=100円で指値注文、1米ドル=98円で逆指値注文を設定しておけば、一次注文が約定すると同時に、二次注文が有効になり、エントリーから利確と損切りまでの注文を一度に出すことができるということになります。

IFDOCO注文は、自動売買とまでは行きませんが、新規注文に加え、利確と損切りの両方を一度に発注することができるので、非常に便利です。

相場を見ながら、成行のトレードをしていると、感情に左右されてしまって、計画通りのトレードができなかったりするものですが、IFDOCO注文を使えば、新規注文から決済注文までを一度に発注することができるので、感情に左右されにくくなるというのも、メリットと言えるかもしれませんね。