経済指標の中でも、為替相場に大きな影響を与えるのが、政策金利です。

政策金利とは

政策金利とは、中央銀行が一般の銀行に貸付を行う際の金利のことで、各国の中央銀行の金融政策によって、決定されます。

各国の政策金利は、それぞれの中央銀行から定期的に発表されていて、FXの世界では、必ずチェックすべき重要な指標となります。

政策金利と景気の関係

中央銀行は、政策金利を上げ下げして、景気をコントロールしようとします。景気が過熱状態にあるときには、金利を上げることで、消費や設備投資を抑制することで、景気の行き過ぎを防ごうとします。反対に、景気が後退期にあるときには、金利を下げて、消費や設備投資を促進することで、景気の失速を防ごうとします。

簡単に言うと、一般的には、好景気であれば、政策金利を上げる傾向にあり、不景気であれば、政策金利を下げる傾向にあります。

ちなみに、金利を上げることを利上げ、金利を下げることを利下げと言います。ニュース等でも、よく使われる言葉なので、覚えておくと良いですよ。

政策金利と為替レートの関係

一般的に、好景気であれば、政策金利は高く、不景気であれば、政策金利は低い状態にありますが、政策金利と為替レートの間にはどのような関係にあるのでしょうか。

FXは、2つの通貨間の取引になりますが、高金利通貨と低金利通貨では、高金利通貨の方が強く、低金利通貨の方が弱い傾向にあります。もちろん、金利がすべてではありませんので、一概には言えませんが、金利だけに注目してみれば、基本的には、この関係性が成り立ちます。

金利が高いということは、それだけ多くの利息を得ることができますよね。そのため、低金利通貨から高金利通貨にお金が流れ、高金利通貨が強くなるという仕組みです。

FXでは、低金利通貨を売って、高金利通貨を買うことで、金利差の分だけスワップポイントがもらえます。2つの通貨の金利差が大きいほど、スワップポイントも大きくなるということです。

低金利通貨を借り入れて、高金利通貨や高金利の金融商品で運用を行うことをキャリートレードと言いますが、FXの世界では、低金利通貨を売って、高金利通貨を買うことで、スワップポイントを稼ぐ手法がこれに該当します。

政策金利の発表には要注目

政策金利は定期的に発表されますので、必ずチェックしておきましょう。大事なのは、政策金利が何%かという値よりも、利上げや利下げが行われるかどうかです。

相対的に低金利であっても、利上げが行われれば、その事実によって、為替レートは上がりますし、高金利であっても、利下げが行われれば、為替レートは下がります。他の通貨よりも高金利または低金利の状態に合っても、利上げや利下げが行われたという事実によって、相場は動意付きます。

また、他の経済指標と同じように、市場のコンセンサスと結果との間のギャップもチェックすべきポイントです。市場の予想通りであれば、おとなしい相場で終わるかもしれませんが、サプライズがあれば、大荒れになることもあります。

政策金利は、米雇用統計と同様に、超重要な経済指標になりますので、要注目ですよ。