FXには、順張り逆張りという取引手法があります。

FXでは、その時々の相場局面に応じて、順張りと逆張りを使い分けることが必要になります。そこがうまくできないと、いつまで経っても、負けトレーダーのままです。逆に言えば、順張りと逆張りの判断を間違わなければ、トレードに勝つことができるということですね。

ということで、ここでは、順張りと逆張りという取引方法について、理解を深めていきましょう。

順張りと逆張りとは

順張りとは

順張りとは、トレンドに沿って売買を行うことです。上昇局面であれば、買いでエントリー、下降局面であれば、売りでエントリーすることで、トレンドについていくことができますよね。これが順張りです。

逆張りとは

反対に、逆張りとは、トレンドとは反対の方向に売買を行うこと。上昇局面であれば、売りでエントリー、下降局面であれば、買いでエントリーします。

上昇している最中に売りでエントリーしたり、下落している最中に買いでエントリーすれば、損失が膨らむばかりで、利益は出そうにもありませんが、逆張りで狙うのは、トレンドの転換点。上昇から下落に転じるポイントや下落から上昇に転じるポイントでエントリーすることで、トレンドの反発を利益に変えてしまおうというトレード法になります。

順張りと逆張りのどちらが良いか

ここで気になるのが、順張りと逆張りのどちらが良いのかという点。

順張りも逆張りも立派な投資手法ですので、どちらが良くて、どちらが悪いということはないのですが、おすすめは、順張りです。特に、初心者の内は、順張りに狙いを絞ってトレードをするのも、ありだと思います。

順張りがおすすめの理由

なぜ、順張りをおすすめするかというと、順張りは、逆張りに比べ、リスクが低いから。

FXでは、一旦、トレンドができると、しばらくは、ひとつの方向に値が動き続けます。トレンドは、そう簡単には、引っくり返らないのです。そのため、逆張りの場合、エントリーのポイントを見誤ると、エントリーした方向とは反対の方向にどんどん値が動いてしまい、大きな含み損を抱えてしまう危険性があります。

逆張りは、売買のポイントがシビアなのです。

一方、順張りの場合は、素直にトレンドに乗れば良いので、逆張りほどシビアではありません。トレンドが続いている間に、トレンドに沿ったエントリーさえできれば、時間が経つにつれて、利益は膨らんでいきます。

ただし、上昇トレンドの天井付近や下降トレンドの底値付近で順張りをしてしまうと、すぐにトレンドが転換してしまうことになります。そこは、本来、逆張りで攻めるべきポイント。トレンドは、継続する特性があるといっても、いつかは、必ず終わりを迎えますので、トレンドの天井や底が近いと感じたら、慎重に売買するようにしましょう。

順張りと逆張りをうまく使い分けよう

FXにおけるトレードの定石は、トレンドに乗ることです。トレンドに従った順張りのトレードが、FXの基本となります。

もちろん、逆張りが悪いかと言われれば、そんなことはありません。トレンドの転換点をうまく逆張りでエントリーすることができれば、大きな利益を得ることができますし、レンジ相場における上下幅を逆張りで攻めるのも、有効なテクニックです。

重用なのは、順張りと逆張りをうまく使い分けること。本来、順張りをすべきポイントで逆張りをしたり、逆張りをすべきポイントで順張りをしていては、いつまで経っても、勝つことはできません。相場局面を読み取って、それに合った取引を行うことが、大事です。

ただ、最初の内から、あれもこれもというのは、難しいので、まずは、より難易度が低い順張りに狙いを絞って、トレードを行うと良いと思います。トレンドを見つけたら、順張りでエントリー。慣れるまでは、このトレードに専念してみましょう。