FXの世界には、レバレッジというものがあります。レバレッジは、日本語では、「てこ」という意味。FXでは、少ない資金で大きな取引ができる仕組みになっているのですが、この仕組みをレバレッジと言います。

てこは、小さな力で大きな物を動かすことができますよね。きっと小学校の授業で習ったことがあるはずです。FXでは、レバレッジをかけることで、てこのように、少ない資金で大きな金額の取引ができます。

どのくらい大きな取引ができるかというと、自分の投資資金の最大25倍の金額の取引ができます。ということは、手元に10万円しかなくても、その25倍の250万円分の取引ができるということ。すごいですよね。レバレッジをかけることで、自分が持っている金額以上の取引ができるというのが、FXの大きな特徴のひとつです。

レバレッジをかけた取引ができる理由

なぜ資金以上の取引ができるかというと、FXが差金決済という決済方法を取り入れているから。差金決済とは、現物の受け渡しは行わずに、売買で生じた差額のみの受け渡しを行う決済方法のことを言います。

FXでは、取引を行った通貨を実際に受け渡したりしません。その取引を通して生じた利益や損失といった差額のみを受け渡します。投資家が、利益や損失を確定させて初めて、FX会社との間で、その利益や損失の受け渡しが行われるのであって、それまでは、お金のやり取りを行うことはないのです。

投資資金は証拠金としてFX会社に預ける

FXでは、投資家の資金は、FX会社に証拠金として預けられることになります。要は、取引を行うための担保をFX会社に預ける訳です。投資家は、この証拠金を元にトレードを行うのですが、仮に投資家が損失を出した場合でも、FX会社からしたら、預かっている証拠金を超える損失が出なければ、投資家からお金をとりっぱぐれることはありません。

FXでは、通貨の売買において、取引代金全額は必要なく、その取引で発生した差額のみの決済を行うので、実際に必要なのは、損失が発生した場合に、その損失をカバーできるだけのお金ということになります。つまり、証拠金を超える損失さえ出さなければ、その証拠金を元手に、レバレッジをかけた大きな取引が可能なのです。

レバレッジは諸刃の剣

レバレッジをかけることで、少ない資金で大きな利益を得ることができます。これは、FXの大きなメリット。また、少ない資金でも、その25倍の取引ができるので、まとまったお金を準備しなくても、割と手軽に始めることもできてしまいます。

ただ、少ない資金で大きな利益が得られるということは、逆に言うと、それだけ大きな損失を被る危険性もあるということになります。つまり、レバレッジは、メリットにもデメリットにもなり得る諸刃の剣と言えます。

投資家のキャパシティを超えた損失が出ないよう、預けた証拠金に一定の損失が出た場合には、マージンコールという警告が出たり、更に損失が広がった場合には、ロスカットという強制決済の仕組みもありますが、レバレッジをかけた取引をしている以上、大きな損失が出てしまうリスクも付きまといます。

レバレッジのかけ過ぎには要注意

大きなレバレッジをかけて、それだけ大きな損失を出してしまえば、資金不足でそれ以降の取引ができなくなってしまうかもしれません。FXの世界では、リスク管理が超大事なのです。

危険な存在にもなりかねないレバレッジですが、FXで成功するためには、レバレッジを如何に味方に付けるかがひとつの鍵となります。確固たる自信もなく、無防備に大きなレバレッジをかけてばかりの取引をするのは、あまりに危険です。

初めの内から、大きなレバレッジをかけて取引をしていると、いきなり予想以上の損失を出してしまって、取引不能になることも考えられますので、まずは、レバレッジを抑えた取引から始めて、容量をつかんでいくのが良いと思いますよ。