指値注文とは

指値注文は、現在よりも有利な価格を指定して、その価格に到達した時点で、売買を行うという注文方法です。

例えば、現在の米ドル/円のレートが、1米ドル=100円だったとして、これが、1米ドル=99円になったところで買いたいと思えば、1米ドル=99円で買いの指値注文を入れておきます。そうすると、狙い通り、1米ドル=99円に到達したところで、自動的に、買い注文が成立します。逆に、1米ドル=101円になったところで売りたいのであれば、1米ドル=101円で売りの指値注文を入れておけばOK。

買い注文でも、売り注文でも、現在よりも有利な価格に到達したところで、売買を行ってくれるのが、指値注文です。

指値注文の特徴

指値注文の特徴
  • 売買を行う価格を指定できる
  • 希望通りの価格に到達すれば自動的に売買が成立する
  • 注文通りの価格に到達しなければ売買が成立しない

指値注文は、売買を行う価格を指定できるので、想定外の価格で約定してしまうということがありません。成行注文の場合は、発注時と約定時の価格に、スリッページと呼ばれる若干のズレが生じることがあり、こんな価格で売買するつもりはなかったのに…と思うこともあります。

しかし、指値注文は、あらかじめ売買価格を指定する注文方法ですので、希望通りの価格で売買を行うことができます。

また、成行注文のように、為替レートを確認しながら注文をしなくても、あらかじめ設定しておいた価格に到達した時点で、自動的に売買を行ってくれるのが、指値注文の良いところ。チャートや為替レートから目を離していても、勝手に売買を行ってくれるので、非常に便利です。

この価格になったらエントリーしようとか、この価格で利確しようといったように、うまく活用することで、新規注文でも、利益確定のための決済注文でも、活躍してくれるはずですよ。

若干の幅を持たせてレートを指定するのが吉

ただし、指値注文では、注文通りの価格に到達しなければ、売買は成立しません。指定した価格に1pipsでも足りなければ、売買は不成立となってしまいます。そのため、指値注文を行う際には、多少の余裕を持ったレートを指定する方が良いでしょう。

例えば、1米ドル=99円で買いたいのであれば、1米ドル=99.05円で買いの指値注文を入れるといったように、ある程度の幅を持たせて注文を入れるのが、おすすめです。

また、あまりにも現実とかけ離れたレートを指定してしまうと、一生、売買は成立しませんし、利確のための指値注文の場合、利確のタイミングを逃して、結局、利益が損失に変わってしまうということも起こり得ます。欲を出し過ぎずに、現実的かつ控えめな価格で注文を入れておく方が良いかもしれませんね。