MACDは、移動平均線を応用したトレンド系のテクニカル指標です。基本的な考え方や売買シグナルは、移動平均線と同じで、トレンドを捉えるのに向いています。

MACDとは

MACDは、「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語では、移動平均収束拡散法と訳されます。その名前からも分かる通り、MACDは、移動平均線を活用したテクニカル指標です。

MACDに使われる移動平均線は、SMAではなく、EMA。EMAは、一定期間の内、直近のデータを重視して求められる移動平均線で、トレンドの変化を敏感に捉えられるという特徴を持っています。そのため、EMAを活用したMACDも、トレンドを把握するためのテクニカル指標と言えます。

MACDの見方

MACD

MACDには、MACDとシグナルという2本の線があり、以下の計算式で求められます。

  • MACD=短期EMA-長期EMA
  • シグナル=MACDの単純移動平均

なお、MACDにおける短期EMAの期間は、12、長期EMAの期間は、26とするのが、一般的で、シグナルにおける期間は、9とするのが、一般的です。

上のチャートでは、青い線がMACD、赤い線がシグナルです。

2本の線のもとになっているのは、EMAですので、移動平均線と同じように、ローソク足の動きと概ねリンクしているのが、分かると思います。

MACDの見方としては、MACDの線が、上向いている場合は、上昇トレンド、下向いている場合は、下降トレンドと判断できます。

また、MACDが、0より上の領域で上向いている場合は、上昇トレンドの中でも、勢いが強く、0より下の領域で下向いている場合は、下降トレンドの中でも、勢いが強いことを示しています。一方、0より上の領域にあっても、下向いている場合は、上昇トレンドの勢いが弱まっており、0より下の領域にあっても、上向いている場合は、下降トレンドの勢いが弱まっていることを示しています。

MACDの使い方

MACDの基本的な使い方としては、MACDの線とシグナルの線のクロスを見ます。

MACDのゴールデンクロスとデッドクロス

MACDの線が、シグナルの線を下から上に突き抜けた場合、ゴールデンクロスと呼び、買いのシグナルとなります。反対に、MACDの線が、シグナルの線を上から下に突き抜けた場合、デッドクロスと呼び、売りのシグナルとなります。

これは、移動平均線の長期線と短期線とクロスと同じ考え方です。

MACDのクロスの位置と角度も重要

ゴールデンクロスとデッドクロスが発生したときには、発生した位置とクロスの角度に目を向けてみましょう。

ゴールデンクロスが、0よりも下の領域で発生した場合、デッドクロスが、0よりも上の領域で発生した場合は、より精度が高くなります。0よりも上の領域でのゴールデンクロス、0よりも下の領域でのデッドクロスは、だましの可能性が高くなりますので、注意が必要です。

また、ゴールデンクロス、デッドクロスともに、クロスの角度が、緩やかなものより、急なものの方が、信頼度は高いです。

MACDはレンジ相場に弱い

MACDは、トレンド相場向けのテクニカル指標です。レンジ相場では、その効果を発揮できません。

MACDのもとになっている移動平均線のことを考えると分かると思いますが、移動平均線は、レンジ相場では、傾きが緩やかになってしまって、長期線と短期線が絡み合ってしまいます。これでは、ゴールデンクロスとデッドクロスも機能しません。

MACDも、移動平均線と同じです。レンジ相場においては、0付近で緩やかに推移して、MACDとシグナルの線も絡み合ってしまうため、ゴールデンクロスとデッドクロスもあてになりません。

MACDは、基本的には、トレンド相場で使うべきテクニカル指標と考えておきましょう。