証拠金とは

証拠金とは、投資家が、FXの取引を行うために、FX会社に預けておくお金のことです。

レバレッジを効かせて、手元資金以上の金額を動かせるというのが、FXの大きな特徴ですが、FXという投資をするには、あらかじめ、FX会社に証拠金を預けておく必要があります。投資家は、この証拠金を担保に為替の取引を行うという訳です。

証拠金は、言ってみれば、投資家にとって、FXをするための投資資金なのですが、実は、それ以上に担保金としての意味を持っているのです。

証拠金とレバレッジの関係

ちなみに、余談になりますが、現在、法令等により、FXにおけるレバレッジの上限は、25倍と定められています。この根拠となるのが、2011年8月1日より施行された「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」。いわゆるレバレッジ規制というものです。

この内閣府令では、FX会社が、投資家より、取引額の4%以上の証拠金の預託を受けることが義務付けられています。これを言い換えれば、レバレッジの上限は、25倍ということになるのです。

例えば、米ドル/円の為替レートが、1米ドル=100円だとすると、投資家が、1万米ドルを売買する場合、FX会社は、以下の計算より、40,000円の証拠金の預託を受ける必要があるということになります。

100円×10,000通貨×4%=40,000円

投資家にとっては、以下のような計算式の方がピンと来ますよね。

100円×10,000通貨÷レバレッジ25倍=40,000円

レバレッジ規制では、直接的にレバレッジの上限を25倍とすると謳われている訳ではないのですが、取引額の4%の証拠金の預託を受けることを義務付けることによって、レバレッジの上限を25倍に定めていることになります。

つまり、証拠金の額とレバレッジというのは、非常に密接な関連性を持っていて、取引額に対して、預けている証拠金の額が大きければ、大きいほど、レバレッジは、下がっていくということになります。要は、レバレッジを下げたければ、それだけ証拠金を用意しておく必要があるということですね。

証拠金維持率とは

証拠金は、FXをする上で、必ず必要になるものですが、この証拠金に関する指標として、必ず理解しておきたいものがあります。それが、証拠金維持率

証拠金維持率は、ポジションを持つために必要な証拠金に対して、現在預けている証拠金の残高の割合がどの程度かを示す指標で、以下の計算式で求められます。

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

有効証拠金とは、預けている証拠金に含み益や含み損といった評価損益を加減した額のことです。また、必要証拠金とは、ポジションを持つために必要な証拠金の額のことを言います。

  • 有効証拠金…証拠金±評価損益
  • 必要証拠金…ポジションを持つために必要な証拠金

証拠金維持率が、100%以上であれば、ポジションを持つために必要な証拠金の額に不足がないことを示していますが、証拠金維持率が、100%を下回っていれば、本来、取引を行うために必要な証拠金が足りていないことを示していますので、マージンコールやロスカットの対象となってしまいます。

言ってしまえば、証拠金維持率が、100%未満ということは、取引をするために必要なお金を持っていない状態なのです。

証拠金維持率は高いに越したことはない

証拠金維持率は、どの程度が適切かという議論がされることもありますが、高いに越したことはありません。証拠金維持率が高いということは、それだけ、投資資金に余裕があるということで、相場から退場させられるリスクが低いことを意味しています。

よく、FXは危険と言われますが、その根拠となるのが、レバレッジです。レバレッジのおかげで、手元資金以上の取引ができることから、大きな損失を被る危険性があるために、危険と言われるのですが、このページでも触れたように、取引額に対する証拠金の額が大きければ、大きいほど、レバレッジは下がることになります。

リスクを下げたいのであれば、それなりの証拠金は必要ですし、何より、証拠金の額に見合った額の取引を心がけるということは、資金管理の観点から、非常に大切なことですよ。