外国為替市場とは

外国為替市場とは、その名の通り、外国為替の取引が行われる市場のことを言います。しかし、実は、外国為替市場という取引所は存在しません。例えば、株の場合は、取引所が存在しますが、外国為替の場合は、そのような取引所がないのです。

外国為替市場では、取引を行いたい人同士が、電話やインターネットを使って直接取引を行います。いわゆる相対取引ですね。外国為替市場というのは、場所の名称ではなく、外国為替の取引を行いたい人を結んだネットワークのことなのです。

外国為替市場の仕組み

外国為替市場は、インターバンク市場と対顧客市場という2種類に分けられます。

インターバンク市場とは

インターバンク市場とは、主に、銀行同士が取引を行う銀行間市場のことです。インターバンク市場に参加できるのは、銀行の他、証券会社や為替ブローカー等、一部の金融機関のみで、一般的な外国為替市場というと、このインターバンク市場のことを指します。

インターバンク市場では、銀行同士が、直接取引を行っている訳ですが、インターバンク市場における為替レートは常に変動していて、ニュース等で目にする為替レートというのは、このインターバンク市場における為替レートということになります。

また、インターバンク市場は、24時間オープンしています。世界中のどこかで必ず取引が行われるので、24時間眠ることがないのです。

対顧客市場とは

一方の対顧客市場というのは、銀行とその顧客が取引を行う市場のことです。例えば、銀行の他、機関投資家や商社が、対顧客市場の参加者になります。また、海外旅行の際に外貨両替を行ったり、外貨預金を行う個人も、対顧客市場の参加者です。

インターバンク市場における為替レートは、常に変動していますが、対顧客市場における為替レートは、リアルタイムに変動するものではなく、基本的には、インターバンク市場における為替レートをもとに、1日に1回見直されます。TTB(銀行が顧客から外貨を買う際の為替レート)やTTS(銀行が顧客に外貨を売る際の為替レート)と呼ばれるものが、対顧客市場における為替レートということになります。

FX会社はインターバンク市場と投資家の仲介役

FXにおける為替レートもインターバンク市場と同じように、リアルタイムで常に変動しています。外貨預金のように、TTBやTTSといったリアルタイムに変動しない為替レートは用いられていません。

それは、FX会社が、インターバンク市場と顧客を結ぶ仲介役の役割を担っているからです。

FX会社は、インターバンク市場の参加者であるカバー先金融機関から提供された為替レートにスプレッドを反映させたものを投資家に提供しています。つまり、投資家は、FX会社を通して、インターバンク市場に参加している形になります。