FXは、レバレッジを効かせることで、投資資金以上の取引を行えます。そのため、大きな利益を得られる可能性があるのですが、その一方で、大きな損失を被る危険性があるのも、否定できない事実です。仮に、資金以上の損失が出てしまえば、借金を背負う可能性も…

そこで、FXには、投資資金以上の損失を防ぐための仕組みが設けられています。それが、マージンコールロスカットです。

マージンコールとは

マージンコールとは、追加証拠金(追証)とも呼ばれ、証拠金維持率が、一定水準を下回った際に、FX会社より送られる追加の証拠金を求める警告のことです。

マージンコールが発動する証拠金維持率の水準は、それぞれのFX会社によって異なりますが、マージンコールが発動するということは、証拠金維持率が、危険な水準まで低下していると考えておきましょう。

マージンコールが届いたら

マージンコールが届いた場合、定められた期限までに、証拠金維持率を求められた水準まで引き上げられなければ、保有中のポジションは、強制的に決済(ロスカット)となります。

つまり、マージンコールが届いたら、証拠金を追加で入金して、証拠金維持率を引き上げるか、保有ポジションを決済して、必要な証拠金を減らすことで、証拠金維持率を引き上げるかのどちらかの対応を取る必要があります。

ロスカットとは

ロスカットもマージンコールと同様に、証拠金が一定水準を下回った際に発動されるものですが、マージンコールが警告だったのに対し、ロスカットは、保有ポジションが強制的に決済される処置です。言ってみれば、退場を命じられるようなものです。

一般的に、ロスカットが発動される前には、マージンコールがあり、マージンコールがあったにもかかわらず、何の対応もせずに、証拠金維持率が一定水準以下であった場合に、ロスカットとなります。

ただし、マージンコールが行われず、いきなりロスカットが発動されるFX会社もありますし、急激な相場変動時等は、マージンコールに対応する間もなく、ロスカットにかかることもありますので、注意が必要です。

また、ロスカットには、一般的に、手数料がかかることも頭に入れておきましょう。

投資資金には余裕を持つことが大事

マージンコールもロスカットも、損失を一定水準以上に膨らませないためのもので、投資家を守る最後の砦的な存在なのですが、マージンコールやロスカットが発動されるような状況は、決して嬉しいものではありません。できることなら、このような状況は避けたいものです。

そのためには、無謀なトレードは控えることや、含み損が大きくなった際に、損切りを徹底することが大切です。そして、何より、投資資金には、余裕を持つこと。ロスカットにかかって、投資資金が底を尽きてしまえば、相場から退場させられることにもなってしまいます。資金管理はしっかりとしておきましょう。