基礎的なテクニカル指標でありながら、プロトレーダーまで幅広く使われているのが、移動平均線です。移動平均線の使い方を身に着けておくと、テクニカル分析の様々な場面で活用することができますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

移動平均線とは

移動平均線は、過去の一定期間の終値の平均値を結んだ線のことです。例えば、5日移動平均線であれば、それぞれの日の過去5日の終値を足して、5で割った値を結んでできた線になります。

移動平均線

移動平均線の見方

移動平均線は、相場のトレンドを教えてくれます。

移動平均線が、上向いていれば、上昇トレンドであることを示していますし、下向いていれば、下降トレンドであることを示しています。また、移動平均線の角度も大事で、角度が急であるほど、トレンドの勢いも強く、角度が緩やかであれば、トレンドの勢いも弱いと判断でき、移動平均線が横ばいの場合は、レンジ相場であることを教えてくれます。

更に、上向きの移動平均線よりもローソク足が上にあれば、強気相場、下向きの移動平均線よりもローソク足が下にあれば、弱気相場とも判断できます。

移動平均線を複数組み合わせる

移動平均線は、通常、短期、中期、長期といったように平均値を求める設定期間の異なる複数本を組み合わせて使います。短期線、中期線、長期線の内、2本から3本を同時にチャートに表示させることが多いです。

移動平均線(短期、中期、長期)

例えば、5日移動平均線を短期線、25日移動平均線を中期線、75日移動平均線を長期線として、同時に表示させるといった具合です。この場合、5日移動平均線は、過去5日間のトレンドを表すことになりますし、25日移動平均線は、過去25日の、75日移動平均線は、過去75日のトレンドを表すことになります。

相場が明確にトレンドを形成しているときは、短期線、中期線、長期線の3本の線がきれいに並びます。上昇トレンドの場合は、上から、短期線、中期線、長期戦と並びますし、下降トレンドの場合は、上から、長期線、中期線、短期線と並ぶことになります。このような状態は、短期的にも、中期的にも、長期的にも、トレンドが同じ方向を向いているということ。

複数の移動平均線の並びでも、トレンドを判断することができますので、その並び方にも気を配っておきましょう。

移動平均線の設定期間

移動平均線の設定期間ですが、必ずこれでなければいけないという絶対的な値はありません。FX会社の取引システムでも、任意の値を設定できることが多いので、自分でいろいろと試してみると良いと思いますが、5日、25日、75日、200日というのが、一般的と言えます。

より短期的なトレンドを見たいのであれば、移動平均線の設定期間も短くすれば良いですし、長期的なトレンドを見たいのであれば、設定期間を長くすることで確認できます。初めの内は、とりあえずこれらの値から採用するパラメーターを選んでみると良いでしょう。

SMAとEMA

実は、移動平均線には、SMAEMAという2種類があります。SMA(Simple Moving Average)は、単純移動平均線のことで、EMA(Exponential Moving Average)は、指数平滑移動平均線のこと。

SMAは、過去の一定期間の終値を単純に平均化した値を結んでできた線ですが、EMAの場合は少し違います。

EMAは、単純に平均値を求めるのではなく、古いデータよりも新しいデータの方が、重要であるという考え方に基づいて、平均値を算出しています。例えば、5日移動平均線であれば、5日前の為替レートよりも直近の為替レートの方に重きを置いて数値を算出します。

SMAとEMAは、平均値の算出方法が違うため、動き方も異なります。

SMAとEMA

上のチャートは、どちらも25日移動平均線を表示したものですが、赤い線がSMA、青い線がEMAとなっています。

見てもらうと分かると思いますが、青い線のEMAの方が、ローソク足の動きにより敏感に反応しています。一方のSMAを見てみると、EMAよりも遅れて反応していますよね。

EMAの特徴は、今現在のトレンドを反映しやすいという点です。SMAの場合、どうしても反応が遅くなってしまうのですが、EMAでは、直近のローソク足の動きにより敏感に反応するように作られています。

FXにおいておすすめしたいのはEMA

移動平均線というと、SMAが一般的ではあるのですが、おすすめしたいのは、EMA。

SMAは、どうしても反応が遅くなってしまうことから、使いづらい場面が少なくありません。一方のEMAの場合は、SMAに比べ、値動きに敏感に反応してくれますので、トレンドをいち早く反映してくれます。

FXにおいては、SMAよりもEMAの方が適しているということを覚えておきましょう。

移動平均線の使い方

移動平均線は、トレンドの強さを判断できるだけの道具ではありません。その他の使い方を覚えておくと、実際のトレードにおける分析方法の幅も広がります。

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線を使ったトレードにおける売買シグナルとして、ゴールデンクロスデッドクロスと言われるものがあります。

ゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロスは、短期線が長期線を下から上に突き抜けることを言います。反対にデッドクロスは、短期線が長期線を上から下に突き抜けることを言います。ゴールデンクロスは、買いのシグナル、デッドクロスは、売りのシグナルです。

上のチャートで言えば、赤い線が25日移動平均線、青い線が75日移動平均線です。

なお、短期線と長期線のパラメーターは、任意の期間で構いません。短期線と長期線という表現をしていますが、短い期間の移動平均線が長い期間の移動平均線と突き抜けた現象が、ゴールデンクロスとデッドクロスと考えておきましょう。

レンジ相場は苦手

移動平均線は、トレンドを判断する上で、有効なテクニカル指標ですが、トレンドが発生していない状況、つまり、レンジ相場は苦手分野です。

移動平均線(レンジ相場)

レンジ相場になると、移動平均線が横ばいになり、複数の移動平均線が、絡み合ってしまうことから、ゴールデンクロスとデッドクロスが機能しなくなってしまいます。つまり、レンジ相場でのゴールデンクロスとデッドクロスは、だましということ。

レンジ相場に入ったら、移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスは、信用しないようにしましょう。

だましに注意

テクニカル分析に共通して言えることですが、売買のシグナルに絶対はありません。シグナルが出たからと言っても、それがだましである可能性は常にあります。もちろん、ゴールデンクロスとデッドクロスにも、同じことが言えます。

ゴールデンクロスとデッドクロスは、分かりやすい売買シグナルではありますが、その分、だましも多いシグナルです。だましを避ける方法としては、移動平均線と他のテクニカル指標を組み合わせて使うのが、有効です。

ゴールデンクロスとデッドクロスに加えて、他のテクニカル指標でシグナルが出ているかどうかを確認した上で、売買の判断をすると、ある程度、だましは避けられるようになります。

移動平均線はサポートラインとレジスタンスラインになる

移動平均線は、時に、サポートラインとレジスタンスラインとして機能することがあります。トレンドラインが、サポートラインやレジスタンスラインとして機能するのと同じで、移動平均線で価格が支えられたり、押さえつけられたりすることがあります。

そのため、移動平均線をローソク足が突き抜けたら、トレンドの転換点として捉えることができます。上向きの移動平均線をローソク足が上から下に突き抜けたら、上昇トレンド終了の可能性がありますし、下向きの移動平均線をローソク足が下から上に突き抜けたら、下降トレンドの終了の可能性があります。

移動平均線のまとめ

移動平均線は、基本的なテクニカル指標でありながら、プロトレーダーも使用している重要な指標です。

移動平均線は、売買シグナルとしても活用できますが、トレンドの判断やサポートライン及びレジスタンスラインを見つけることにも使えるため、その使用用途が非常に幅広いのです。

いろいろなテクニカル指標と組み合わせることで、テクニカル分析の精度も上がりますので、他のテクニカル指標を使う場合でも、移動平均線は、とりあえずチャートに表示させるようにしておきましょう。相場の分析に役立つはずですよ。