MT4では、標準で1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足という9種類の時間足を表示することができます。一般的な時間足は網羅しているのですが、中には、2分足や10分足、2時間足といったマニアックな時間足を表示させたいという方もいらっしゃるかと思います。

MT4では、インジケーターを使えば、標準の時間足だけでなく、2分足等、任意の時間足をチャート上に表示させることができます。

MT4に任意の時間足を表示させる方法

MT4に任意の時間足を表示させる方法
  1. インジケーターをダウンロードする
  2. 基準となる時間足チャートを表示する
  3. インジケーターのパラメーターを設定する
  4. 任意の時間足チャートを表示する

インジケーターをダウンロードする

MT4で任意の時間足を表示させるには、まず、「Period_Converter_Opt」というインジケーターをインストールします。こちらのサイトからダウンロードすることができますので、まずは、自分のPC上にダウンロードしましょう。

このインジケーターをダウンロードしたら、MT4にインストールしてください。

MT4にインジケーターのインストールが完了したら、ナビゲーションバーの「インディケータ」のところに「Period_Converter_Opt」が表示されているはずです。

基準となる時間足チャートを表示する

「Period_Converter_Opt」を使って、任意の時間足を表示させるには、まず、基準となる時間足を表示させる必要があります。2分足や3分足等の任意の分足を表示させたいのであれば、1分足が基準になりますし、2時間足や3時間足等の任意の時間足を表示させたいのであれば、1時間足が、2日足や3日足等の任意の日足を表示させたいのであれば、日足が基準となります。

以下では、例として、ユーロ/米ドルの2分足チャートを表示させてみます。

2分足を表示させるには、まず、ユーロ/米ドルの1分足のチャートを表示させてください。通貨ペアの選択も間違わないようにしましょう。

インジケーターのパラメーターを設定する

表示させたチャート上に「Period_Converter_Opt」のインジケーターを表示させましょう。すると、パラメーターの設定画面が表示されるはずです。

パラメーターの設定画面の「全般」タブに「DLLの使用を許可する」という項目があるので、ここにチェックを入れてください。

MT4(時間足設定)

次に、「パラメータの入力」タブを選択しましょう。ここには、「PeriodMultiplier」という項目があります。「Multiplier」は、乗数という意味。要は、基準となる時間足に、ここに入力した数字を乗じた時間足が表示されることになります。

ですので、2分足を表示させる場合には、ここに「2」を入力してください。2時間足や2日足を表示させる場合でも、「2」でOKですし、3分足や3時間足、3日足であれば、ここが「3」となります。

MT4(時間足設定)

そして、「OK」を選択。これで、事前準備は完了です。

任意の時間足チャートを表示する

いよいよ、任意の時間足チャートを表示させます。任意の時間足を表示させるには、メニューバーより、「ファイル」に進み、「オフラインチャート」を選択してください。以下のような画面が表示されるはずです。

MT4(時間足設定)

ここでは、ユーロ/米ドルの2分足を表示させたいので、「EURUSD,M2」を選択します。これで、作業は完了。ユーロ/米ドルの2分足が表示されるはずです。以下の左側が、標準の1分足で、右側が、2分足チャートです。

MT4(時間足設定)

どんな時間足でも表示できる

ここでは、2分足を例に表示させてみましたが、これを応用すれば、3分足でも、2時間足でも、2日足でも、好きな時間足を表示させることができます。

例えば、米ドル/円の8時間足を表示させたいのであれば、基準となるチャートとして、米ドル/円の1時間足を表示させて、インジケーターのパラメーター設定画面の「PeriodMultiplier」項目に「8」を入力します。あとは、同じように、オフラインチャートを表示させれば完了です。

この方法を使えば、任意の時間足を表示できますので、テクニカル分析の幅も更に広がるはずですよ。