MT4のチャートを見てみると、表示時間が日本時間になっていないことに戸惑っている方も少なくないと思います。MT4の表示時間は、利用しているブローカーにもよるのですが、大半が、アメリカ時間に設定されています。

日本時間でないと、どうしても違和感があったり、しっくりこなかったりしますが、これを日本時間に変更する方法をご紹介します。

MT4で日本時間を表示する方法

MT4で日本時間を表示するには、インジケーターを利用します。MT4では、表示時間の設定等はできませんので、日本時間を表示させるインジケーターをインストールしなければなりません。

日本時間を表示させるインジケーターはいくつかあるのですが、最も一般的なのが、「JPN_Time_SubZero」です。このページでは、このインジケーターを利用して、日本時間を表示する方法をご紹介します。

まずは、「JPN_Time_SubZero」をダウンロードして、PC上に保存しましょう。

URL:https://u3.getuploader.com/mt/download/144/JPN_Time_SubZero.mq4

インジケーターを保存したら、MT4にインストールしてください。

MT4にインジケーターをインストールしたら、MT4のナビゲーションバーの「インディケータ」から「JPN_Time_SubZero」を選択して、チャート上に表示してください。すると、以下のパラメーター設定画面が表示されます。

MT4(日本時間パラメーター設定)

このまま「OK」を選択しても問題ありませんが、初期設定のままだと、時間のみの表示になっていますので、分まで表示したい場合は、「MINUTE」の項目を「false」から「true」に変更してください。また、テキストの表示が、初期設定では、白になっていますので、チャートの背景色を白にしている場合、背景とテキストが同化して消えてしまいますので、黒等に変更しましょう。

パラメーターの設定が完了したら、「OK」を選択してください。これで、以下のように、日本時間が表示されるはずです。

MT4(日本時間表示完了)

MT4で日本時間を表示させる上での注意点

「JPN_Time_SubZero」を利用すれば、このように日本時間が表示されるのですが、注意しなければならない点もあります。

サマータイム対応が必要

海外では、サマータイムを採用している国も珍しくありませんが、このインジケーターを使う際にも、サマータイムには、気を付けなければなりません。ブローカーがアメリカ時間のサーバーを採用しているのであれば、アメリカがサマータイムを導入している期間については、初期設定のままでは、1時間のズレが生じてしまいます。

サマータイム期間中は、パラメーター設定画面の「Time_difference」の項目を初期値の「9」から「10」に変更してください。冬時間期間中は、「9」、夏時間期間中は、「10」に設定しましょう。これで、サマータイムにも対応できます。

サブウィンドウに表示される

このインジケーターを表示させてみると分かるのですが、日本時間は、サブウィンドウに表示されることになりますので、メインウィンドウが小さくなってしまいます。MT4にあらかじめ表示されている時間は変更されず、そのまま残り、サブウィンドウで無理やり表示させている感じですね。

チャートを画面上にひとつしか表示していない場合は、これでも特に不都合はないかもしれませんが、チャートを複数画面上に並べて表示させている場合は、サブウィンドウを表示させている分、メインウィンドウが小さくなり過ぎて見づらくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。