MT4を立ち上げた際、データが更新されずにチャートが動かないことがあります。これは、サーバーにうまくアクセスできていないため、リアルタイムのチャートデータが得られていないことが原因です。

画面をよく見てみると、右下に「回線不通!」や「無効な口座」、「コモンエラー」といったメッセージが出ているはず。MT4の画面の右下には、ネットワークの通信状態が表示されていて、正常にサーバーにアクセスできていれば、画面右下に以下のように表示されます。

MT4通信状態

このような表示がなければ、サーバーにうまくアクセスできていないことを表しています。

MT4がサーバーにつながらない原因

サーバーにつながらず、「回線不通!」、「無効な口座」、「コモンエラー」といったメッセージが表示される原因は、基本的には、以下のいずれかです。

MT4がサーバーにつながらない原因
  • ネット回線が不安定
  • ログイン情報の誤り
  • サーバー側の問題
  • デモ口座の有効期限切れ

ネット回線が不安定

PCやスマホのネット回線が不安定であれば、当然、サーバーにもつながりません。まずは、自分のネット環境を確認してみましょう。

ログイン情報の誤り

ログインIDやパスワードが間違っている場合も、このようなメッセージが表示されます。MT4では、IDやパスワードが間違っても、それを教えてくれるようなメッセージが表示されないので、分かりにくいのですが、IDやパスワードの入力ミスの疑いも十分考えられます。

サーバー側の問題

FX会社側のサーバーがダウンしていたり、メンテ中であれば、サーバーにはつながりません。また、海外のFX会社のデモ口座等では、しばしばあることですが、サーバーのIPアドレスが変更になっていたり、FX会社が破綻している可能性もあります。

デモ口座の有効期限切れ

MT4をデモ口座で利用している場合に、可能性があるのが、デモ口座の有効期限切れです。MT4のデモ口座には、有効期限が設けられていて、有効期限が切れると、チャートデータが更新されなくなってしまいます。長期間MT4にログインしていない場合には、これが原因であることが多いです。

サーバーと通信できない場合の対処法

チャートデータが更新されない場合は、これらの原因を疑ってみましょう。ネット回線も大丈夫、ログイン情報も間違っていないという場合は、サーバー側の問題やデモ口座の有効期限切れの可能性があります。

サーバーがダウンしていたり、メンテ中であれば、時間を空けてトライすることで解決するはずですが、それでもつながらない場合は、デモ口座の有効期限切れの可能性大です。

MT4のデモ口座の有効期限が切れた場合の対処法

デモ口座の有効期限が切れている場合の対処法としては、以下が挙げられます。

デモ口座の有効期限が切れた際の対処法
  • 本口座を開設する
  • 新規にデモ口座を申請する

本口座を開設する

本口座を開設してしまえば、有効期限はありませんので、このような問題に直面することはなくなります。MT4に対応しているFX会社は限られていますが、使いたいFX会社がMT4に対応しているのであれば、本口座を開設するのが、手っ取り早いかもしれません。

新規にデモ口座を申請する

有効期限が切れたのであれば、再度申請してしまいましょう。MT4のメニューバーの「ファイル」から「デモ口座の申請」より、再度申請できます。有効期限が切れたら、再度申請。これを繰り返して、MT4を使い続けるのもありです。

あらかじめ複数のデモ口座を開設しておこう

MT4では、複数のサーバーにアカウントを持っておくことができますので、チャートデータが更新されない事態を少しでも防ぐためには、あらかじめ複数のデモ口座を開設しておくと良いでしょう。

複数のデモ口座を異なるサーバーに開設しておけば、サーバー側の問題でアクセスできない場合にも対応できます。こうすれば、MT4でリアルタイムのテクニカル分析ができないということは、かなり防げるようになるはずですよ。