MT4では、様々なFX会社のデモ口座を利用することができます。

MT4を提供しているMetaQuotes Software社のウェブサイトからMT4をダウンロートすると、初期設定では、「MetaQuotes-Demo」というサーバーにデモ口座を開設するようになっていますが、その他のFX会社のサーバーにもデモ口座を開設することができるのです。

複数のデモ口座を開設してサブ口座に

また、複数のデモ口座を同時に開設して、それを使い分けることもできます。複数のFX会社にデモ口座を開設しておけば、あるデモ口座がサーバーにアクセスできない場合にも、対応することができるので、本口座を開設せずに、デモ口座を通してMT4を利用したいという場合は、あらかじめ複数のFX会社にデモ口座を開設しておくことをおすすめします。

MT4でサーバーを追加する方法

MT4でサーバーを追加する方法は超簡単です。初めてMT4をインストールした際にも、デモ口座を開設したはずですが、それと全く同じ方法で、追加することができます。

まず、MT4のメニューバーの「ファイル」から「デモ口座の申請」を選択すると、以下の画面が表示されます。

MT4デモ口座申請

ここで、「MetaQuotes-Demo」を選択すると、MetaQuotes Software社のサーバーにデモ口座を開設することができますが、「新しいブローカーを追加します。」をクリックして、口座開設をしたいFX会社の名前やIPアドレスを入力することで、MT4に対応しているFX会社にデモ口座を開設することができます。

例えば、「新しいブローカーを追加します。」をクリックして、「FxPro」と入力して、「スキャン」をクリックすると、以下のように海外のFX会社であるFxProのサーバーが表示されます。

MT4(FxPro)

「MetaQuotes-Demo」以外のFX会社にデモ口座を開設したいという場合は、このようにサーバーを検索してみてください。MT4でデモ口座を利用できるのは、基本的には、海外のFX会社となりますので、海外のFX会社名から同じようにサーバーの検索をしてみると、いろいろと見つかると思います。

ここから、いずれかのサーバーを選択して、「次へ」に進めば、以下の通り、初めてMT4をインストールした際と同様のデモ口座の申請画面が表示されますので、「次へ」を選択。

MT4デモ口座申請

あとは、必要項目を入力して、進んで行けば、デモ口座の開設が完了するはずです。

MT4のサーバーを変更する方法

口座開設をした複数のデモ口座の中から、利用するデモ口座を変更したいという場合は、MT4のメニューバーの「ファイル」から「取引口座にログイン」を選択します。すると、以下の画面が表示されますので、ログインしたいサーバーを選択して、ログイン情報を入力し、「ログイン」でOKです。

MT4(デモ口座ログイン)

これで、デモ口座の変更ができます。

FX会社ごとにチャートの特徴が異なる

ここからは余談になりますが、実は、同じMT4を使っていても、FX会社が異なれば、チャートの特徴も微妙に異なります。チャートの表示自体にも、それぞれのFX会社の特徴が表れてくるのですが、それだけでなく、値動きも微妙に異なってきます。

実際に、複数のデモ口座を利用してみると、よく分かるのですが、ローソク足の長さが異なったり、テクニカル指標の反応の仕方にも違いが出て来たりします。また、通貨だけでなく、株価やコモディティ価格のチャート情報が得られるFX会社もあったりします。

いろいろなFX会社のチャートを見比べて、お好みのFX会社を見つけるのも面白いと思いますよ。