FXの世界で、絶対にやってはいけないのが、値頃感によるトレードです。

値頃とは、売買に適していると感じる価格のこと。値頃感でトレードをするとは、買っても良さそうと感じる価格、売っても良さそうと感じる価格で売買することを指します。

値頃感によるトレードでは絶対に勝てない

安くなったから、買ってみた、高くなったから、売ってみた、このようなトレードで失敗したという経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。これこそ、まさに、値頃感によるトレード。値頃感は、トレーダーの主観的な感覚であって、客観的に見たら、何の根拠もないということに気付かなければいけません。

普段の生活において、安いと思った価格で買えたり、高いと思った価格で売れれば、それは素敵なことですが、トレードにおいて、値頃感を持ち込むのは、厳禁です。値頃感によるトレードで、たまたま勝つことはあっても、これを続けていては、絶対に勝ち続けることはできませんし、いつまで経っても、成長できません。

値頃感による逆張りは超危険

値頃感によるトレードで、最もありがちなのが、逆張りのトレードです。

ある程度、価格が下がったから、そろそろ上がりそう、価格が上がったから、そろそろ下がりそう。ここを狙った値頃感による逆張りは、初心者あるあると言っても良いほど、誰もがやってしまうトレードです。

しかし、値頃感で逆張りを狙うのは、超危険。

トレンドの最中に、値頃感で逆張りを狙ってしまうと、大損の危険性があります。うまく反転してくれれば、良いですが、反転しなければ、トレンドに飲み込まれて、損失は見る見る内に膨らんでいきます。

値頃感によるトレードで相場に振り回されていては、資金が尽きて、退場ということもあり得るので、絶対にやめましょう。

分析に基づいた根拠あるトレードを心がける

トレードをする際は、値頃感ではなく、必ず根拠を持って行うようにしましょう。自分なりに分析をしてみて、そのシグナルに従ったトレードをすることが大事です。その結果、負けてしまっても、それは仕方ありません。同じ負けでも、何の根拠もない値頃感によるトレードでの負けとは、訳が違います。

分析に基づいたトレードで負けたのであれば、負けた原因を分析することで、次につなげることができます。自分の成長につなげられる訳です。

値頃感で手を出したくなる気持ちはよく分かりますが、そこは、我慢。値頃感によるトレードは、非常に危険という意識を持って、根拠あるトレードを心がけましょう。