FXの世界でよく目にする「pips(ピップス)」という言葉。何かというと、為替レートの単位を表す言葉です。例えば、100pipsの値動きとか、50pipsの利幅が獲れたといったように使います。スプレッドの幅を表す際にも、よく使われますね。

pipsは各通貨共通の単位

pipsの便利なところは、どの通貨でも共通の単位だという点です。世間一般では、為替レートの変動は、各通貨それぞれの単位を使って表します。米ドル/円であれば、円や銭を使って値動きを表しますし、ユーロ/米ドルであれば、ドルやセントを使って値動きを表します。

この円や銭、ドルやセントを共通の単位に置き換えたものが、pipsです。pipsは、どの通貨にも使うことができるので、米ドル/円でも、ユーロ/米ドルでも、同じように、pipsという言葉を使うことができます。

各通貨におけるpipsの定義

円の場合、1pips=1銭となります。10pipsであれば、10銭、100pipsであれば、1円ですね。このように、円で1pipsと言えば、1銭、つまり、小数点以下第2位のことになりますが、他の通貨においては、一般的に、1pipsは、通貨の小数点以下第4位のことを言います。米ドルであれば、1pipsは、0.0001ドル(0.01セント)です。

通貨によって、pipsの定義が異なりますが、円だけは、少数点以下第2位の数値、それ以外の通貨は、小数点以下第4位の数値と覚えておきましょう。

pipsは成果を客観的に判断しやすい

FXにおいて、なぜpipsという単位が使われるかというと、ひとつは、単純に、各通貨共通で使えるため、便利だから。そして、もうひとつは、トレードの成果を客観的に判断できるからです。

例えば、米ドル/円のトレードで、100pipsの利幅が獲れたとしても、取引量が異なれば、口座に入ってくる利益は異なります。100pipsということは、1,000通貨で取引を行っていれば、1,000円の利益ということになりますし、10,000通貨で取引を行っていれば、10,000円の利益ということになります。取引量によって、手元に入ってくる利益は異なりますが、どちらも同じ100pipsの成果を上げていますよね。

また、ユーロ/米ドルのように、円が絡まない通貨ペアのトレードを行った場合は、円換算した利益額が、その時々の円のレートによって、まったく異なってきます。この場合も、同じ成果を上げていても、利益はまったく異なる額になります。

利益額では、成果はなかなか計りにくいのですが、pipsという単位を使うことで、成果を客観的に計ることができるという訳です。