勝てないFXトレーダーの中には、ポジポジ病と呼ばれる悪い癖を持っている方がいます。

ポジポジ病とは

ポジポジ病は、過度にポジションを持ち、不用意なトレードを繰り返しては、負けを積み重ねてしまうことを指します。ポジポジ病のポジは、ポジションのポジですね。

ポジションを持っても、それだけ勝てれば良いのですが、ポジポジ病にかかってしまっている方は、決して勝率が高くないようなポジションさえも無駄に持ってしまって、負けを繰り返すことが多いです。

ポジポジ病は、初心者にありがちで、勝ちたい気持ちが強過ぎたりすると、どうしても、このような症状に陥ってしまいます。確かに、ポジションを持たなければ、利益は得られない訳ですが、勝ち目のないポジションを持ったところで、その先に待っているのは、損失だけです。

ポジポジ病が原因で負けトレードを繰り返し、挙句の果てにマーケットから退場してしまうというケースも少なくありません。ポジポジ病を患っていては、FXでの成功はないと考えてください。ポジポジ病に悩まされている方は、一刻も早く対処して、ポジポジ病を克服しましょう。

ポジポジ病の原因

ポジポジ病の原因は、人それぞれで、代表的なものとしては、以下が考えられます。

ポジポジ病の原因
  • 稼ぎたい気持ちが強過ぎる
  • 時間をお金に変えたい
  • 慎重さが足りない
  • トレードルールを持っていない
  • 根拠のない自信
  • トレード中毒

稼ぎたい気持ちが強過ぎる

おそらく、ポジポジ病の原因の中で、最も多いのが、このタイプ。お金を稼ぎたいという気持ちが強過ぎて、無駄にポジションを持ってしまうケースです。

お金を稼ぎたいのは、誰でも同じですが、その気持ちが強過ぎると、悪い方向に向いてしまうことがあります。ポジポジ病は、まさにその典型。

なかなか勝てないでいると、勝ちたいという気持ちは強くなりますし、負けが続いていると、その負けを取り返したいという気持ちが芽生えてきます。それが原因で、ポジポジ病を患ってしまい、負け戦に挑んでは、損失を膨らませてしまうという悪循環に陥ってしまうケースも珍しくありません。

時間をお金に変えたい

このタイプも、勝ちたい気持ちが強いのが原因ではありますが、トレードに臨んでいる時間を無駄にしたくないあまり、不用意なエントリーを繰り返してしまう方がいます。

投資の世界には、「休むも相場」という格言があります。休むことの大切さを説いた言葉ですが、時間がもったいないというか、この格言通りの行動ができていないのが、このタイプです。

慎重さが足りない

慎重さが足りない方も、ポジポジ病にかかってしまうことがあります。

例えば、テクニカル指標が反応すると、十分な分析もせずにエントリーをしてしまい、だましに引っかかるというようなケースが、これに当てはまります。どのような分析をしていても、だましは避けられるものではありませんが、十分な分析をしておけば、だましの数は減らすことができます。それを怠ったり、売買シグナルに反射的な行動を取ってしまうのは、良くありません。

ローソク足は、常に動き続けているため、焦りを感じる気持ちも分かりますが、そこで、不用意にエントリーをしてしまうと、負けトレードにつながってしまいます。

トレードルールを持っていない

トレードに臨む際は、トレードルールを持つことが非常に重要です。自分なりのルールを持っていないと、相場に振り回されてしまい、チャンスと見るや、不用意にポジションを持ってしまうことがあります。

自分なりのルールを持っていれば、それに従ってトレードをするだけなのですが、ルールがないと、どうしても、ふらふらと無駄なトレードを繰り返してしまいがちです。そのようなトレードは、勝ちにつながることも少ないですし、上達にもつながりません。

根拠のない自信

根拠のない自信や過信が、ポジポジ病を招くこともあります。なんとなく勝てそうという根拠ない自信が、トレードに向かわせてしまうケースですね。

ギャンブルの世界と同じですが、ビギナーズラックで勝ちを経験してしまうと、変な自信が湧いてきてしまって、勘違いしてしまうことがあります。どの世界でも、調子に乗ると良いことはありません。自信家タイプの方は、要注意です。

トレード中毒

熱中するあまり、トレードを繰り返してしまうケースが、これです。

「好きこそ物の上手なれ」ということわざの通り、FXへの情熱が上達につながれば良いのですが、それが、変な方向に向かって、中毒的な状態に陥ってしまうと危険です。

誰もが大きな利益を得られる可能性があるのが、FXの魅力ですが、人によっては、ギャンブルのように中毒症状が出てしまうこともあるので、要注意です。

ポジポジ病の治療法

このようなことが原因で引き起こされるポジポジ病を抱えていては、いつまで経っても勝ちトレーダーになることはできません。今すぐにでも、ポジポジ病の治療に専念してください。

稼ぎたい気持ちが強過ぎるタイプの治療法

このタイプのポジポジ病患者の方は、ポジションを持てば、稼げるという考え方を捨てることから始めましょう。ポジションを持つということは、勝ちの可能性もあれば、負けの危険性もあります。勝ち目が低いトレードに臨めば、損失を抱えるだけ。

「エントリー=利益」ではないのです。

また、トレードに臨む際には、感情的にならずに、冷静にトレードをすることを心がけましょう。FXにおいては、メンタルが非常に重要で、感情をむき出しにして、トレードに臨んでしまうと、絶対に勝つことはできません。ルールに従い、機械的にトレードをする癖を付けてください。

自分で熱くなり過ぎていることを感じたら、チャートを閉じて、トレードから離れてみるのも良いでしょう。利益を得られなくても、負けるよりましです。

時間をお金に変えたいタイプの治療法

このタイプも、勝ちたい気持ちが強過ぎる場合と同様で、ポジションを持てば、稼げるという考え方を捨てることが重要です。

休むも相場」ということを胸に刻んでおきましょう。

慎重さが足りないタイプの治療法

ポジションを持つ際には、一呼吸置いて、今一度その状況がチャンスなのかどうか、考えてみましょう。

十分な分析の上、エントリーすべきと考えたのなら、それで良しですが、衝動的にポジションを持ちたいと思ったのなら、エントリーは止めてください。

自分の大切なお金がかかっていますので、トレードは慎重に。

トレードルールを持っていないタイプの治療法

トレードルールがないのであれば、作りましょう。ただそれだけです。

自分なりのトレードルールは、絶対に必要です。ルールを作ったら、それに従って、機械的に売買を繰り返すだけ。それを徹底すれば、過度に感情的になることもありません。

自分が選んだテクニカル指標が反応したときだけ売買をするといったように、ルールを決めてトレードに臨むようにしましょう。仮に、そのシグナルがだましであっても、仕方ありません。そのルールに基づいたトレードがうまく行かなければ、ルールを見直して再挑戦です。

そうしてブラッシュアップしていけば、自分なりのスタイルが確立されますし、トレードも上達していきます。

根拠のない自信が強いタイプの治療法

自信家タイプの方は、同じようなトレードで失敗したケースを思い出してみましょう。同じように過信からポジションを持って損失を被った経験があるはずです。

失敗は成功のもとと言いますが、反省しなければ、失敗を次につなげることはできません。

失敗を次に活かすためには、日々のトレードの反省点等をまとめたトレードノートをつけるようにすると、良いかもしれません。なぜそのポイントでエントリーしたのか、なぜそのポイントで決済したのか、そのトレードの際に感じていたこと等をノートにまとめておくと、同じようなミスを繰り返すことがなくなります。

トレード中毒タイプの治療法

トレード中毒に陥っている方は、自分が中毒状態にあることを自覚することが大切。熱中しすぎている場合は、トレードから離れましょう。

ただ、頭では分かっていても、それを行動に移すことができないのが、中毒タイプのつらいところ。

トレードを楽しむことは決して悪いことではありませんので、熱中のし過ぎで、身を滅ぼすことがないよう、1,000通貨単位以下でトレードができるFX会社を利用する等、ロットを落としてトレードをすると良いでしょう。利益うんぬんより、トレードがしたいという方は、バーチャルトレードを楽しむというのもひとつの対処法だと思います。

ポジポジ病克服法のまとめ

ポジポジ病を克服するには、メンタルの強化とトレードルールの徹底が欠かせません。これを怠っていると、感情に振り回されてしまい、負けトレーダーの道を歩んでいくことになります。

トレードルールがないという方は、まずは、トレードルールを作ることから始めてください。自分なりのルールはあるけど、それを守れないという方は、メンタル強化が必要。感情をむき出しにせず、機械的にトレードに臨む癖をつけるように心がけてください。

成功したい、上達したいという気持ちは大切ですが、トレードに臨む際は、常に冷静に。自分自身をコントロールできるようになれば、ポジポジ病に悩まされることもなくなりますよ。