利益確定とは

ポジションを持った後、期待通りの方向に値が動いて、含み益が出ていても、決済注文をしなければ、実現益とはなりません。決済注文をして、利益を確定させること利益確定と言います。利食いと呼ばれることもありますし、利確と略して呼ぶことも多いです。

利益は大きく損失は小さくが基本

トレードの基本は、勝ちは大きく、負けは小さくです。つまり、利益は大きく確保しながら、損失は小さく抑えることが大事なのです。

損切りの場合は、含み損が広がらない内に実行することが大切です。ダメだと思ったら、早い内に手を引くべきです。一方、利確の場合は、損切り幅以上の利益を確保するよう心がけましょう。たとえ、勝敗数が五分五分以下であっても、トータルで利益を上げることができるような利益幅を確保できるようにします。

人間は、どうしても、損はしたくない、利益は早く確定させたいと考えるものです。損小利大がトレードの基本であるにもかかわらず、損大利小となってしまいがちなのが、トレーダーの性です。損大利小のトレードを続けていると、いくら勝ちの回数が多くても、損失の幅が大きいあまり、トータルで損失を出してしまいます。

早く利益を確定させたいという欲に勝ち、できる限りの利益を確保することが重要です。

あらかじめ利確ポイントを決めておく

利確においても、損切りと同様に、あらかじめ決済ポイントを決めておきましょう。エントリーの段階で、利確のポイントと損切りのポイントを決めておいて、そのポイントで決済をするということを徹底すれば、損大利小のトレードとなることはありません。

値動きが読めるようになれば、状況に応じて、決済ポイントを変更することも悪くありませんが、初心者の内は、事前に決めた決済ポイントで決済を行うことを徹底しましょう。その場その場で決済ポイントを決めようとすると、どうしても感情に振り回されて、利幅が小さい内に利確をしてしまいがちになります。

利確には指値注文を活用しよう

利確をする際に便利なのが、指値注文です。指値注文は、現在よりも有利な価格を指定して、その価格に到達した時点で、売買を行う注文方法です。

ポジションを持つ段階で、事前に利確ポイントを定めておいて、指値注文を入れておきましょう。そのポイントに到達するまでは、利確は行わないようにしておけば、当初よりも利益幅が小さくなるようなことはありません。もちろん、損切りの徹底も忘れずに。

指値注文の他にも、OCO注文、IFD注文、IFDOCO注文を活用するのも良いですよ。