売られ過ぎや買われ過ぎを判断するオシレーター系の代表的なテクニカル指標が、RSIです。

RSIとは

RSIは、「Relative Strength Index」の略で、日本語では、相対力指数と訳されます。RSIは、売られ過ぎや買われ過ぎを判断するためのテクニカル指標で、一定期間中の為替レートの上げ幅と下げ幅の合計の内、上げ幅がどの程度の割合を占めていたかを表していた指標です。

RSIの見方

RSI

上のチャートのサブウィンドウに表示されている青い線が、RSIです。上の点線が、70%のライン、下の点線が、30%のラインを表しています。

ローソク足が上昇すると、RSIも上昇し、ローソク足が下落すると、RSIも下落しているのが分かると思いますが、RSIの見方は、非常に簡単で、RSIの値が、100%に近いほど、買われ過ぎを示していて、0%に近いほど、売られ過ぎを示しています。

ちなみに、RSIを求める期間は、14または9とするのが、一般的です。

RSIの使い方

RSIの基本的な使い方としては、買われ過ぎを示したところで、売り、売られ過ぎを示したところで、買うというシンプルなものになります。

買われ過ぎや売られ過ぎを判断する基準は、RSIが70%以上の値であれば、買われ過ぎ、0%以下の値であれば、売られ過ぎとなります。

そのため、RSIが買われ過ぎを示したところで、逆張りの売り、売られ過ぎを示したところで、逆張りの買いを入れるというのが、最も基本的な手法です。

トレンド相場におけるRSIの注意点

RSIを使う場合、注意すべき点があります。それは、強いトレンドが発生した際には、RSIが買われ過ぎや売られ過ぎを示していても、逆張りには使えないという点。

というのも、強いトレンド相場では、RSIは、100%や0%に近いゾーンに張り付いてしまって、買われ過ぎを示していても、為替レートは上がり続ける、売られ過ぎを示していても、為替レートは下がり続けるということになってしまうからです。トレンド相場では、だましが連発してしまうのです。

トレンドにおけるRSI

このチャートは、上昇トレンドでRSIを表示させたものです。見て分かる通り、RSIが70%付近にあっても、ローソク足は上がり続けています。

RSIを用いた逆張りは、トレンド相場ではなく、レンジ相場でこそ活きる手法ということになります。

RSIが買われ過ぎや売られ過ぎを示したからといっても、それが、強いトレンド相場におけるものであれば、当てにならないシグナルということは、頭に入れておきましょう。

トレンド相場ではダイバージェンスとリバーサルを見極める

RSIを使った一般的な逆張り戦略は、トレンド相場では使えませんが、トレンド相場でRSIがまったく使い物にならないかというと、そんなことはありません。

トレンド相場においては、RSIのダイバージェンスとリバーサルを見つけることができれば、更に高度なテクニカル分析が可能になります。

RSIのダイバージェンス

ダイバージェンスは、下降トレンドにおいて、ローソク足が安値を更新したにもかかわらず、RSIが前回安値に到達しない現象、または、上昇トレンドにおいて、ローソク足が高値を更新したにもかかわらず、RSIが前回高値に到達しない現象のことを言います。なお、前者を強気のダイバージェンス、後者を弱気のダイバージェンスと呼びます。

ダイバージェンス

ダイバージェンスは、トレンド転換のサインです。強気のダイバージェンスが発生すると、下降トレンドが終了するサイン、弱気のダイバージェンスが発生すると、上昇トレンドが終了するサインとなります。

RSIのリバーサル

リバーサルは、隠れダイバージェンスとも呼ばれるダイバージェンスに似た現象ですが、ダイバージェンスとは反対に、ローソク足が前回安値に到達しなかったにもかかわらず、RSIが安値を更新する現象、または、ローソク足が前回高値に到達しなかったにもかかわらず、RSIが高値を更新する現象のことを言います。

なお、前者を強気のリバーサル、後者を弱気のリバーサルと呼びます。

リバーサル

ダイバージェンスは、トレンド転換のサインとなりますが、リバーサルは、トレンド継続のサインです。つまり、トレンド相場の中で、リバーサルが見られたら、それは押し目買いや戻り売りのシグナルになります。

強気のリバーサルは、押し目買いのシグナル、弱気のリバーサルは、戻り売りのシグナルです。