FXにおいては、計画立ててトレードをすることが、非常に大切です。初心者の頃は、どうしても無計画にトレードをしてしまいがちですが、それでは良くありません。

どういったときにエントリーするのか、また、どこで利確するのか、どこで損切りをするのか等を明確にした上で、トレードに臨むことが必要です。

そこで、必要になってくるのが、トレードルールです。トレードにおける自分なりのルールを作って、それに従ったトレードを心がけましょう。

無計画なトレードは負けにつながる

無計画なトレードがなぜ良くないかというと、軸が定まっていないがために、自分の感情に振り回されたトレードになりがちだから。

トレードに勝つには、メンタルが超重要です。FXを始めてから、自分の精神的な弱さに気付いたという方も多いのではないでしょうか。

感情に身を任せたトレードをしてしまうと、ポジポジ病のように不用意にポジションを持ってしまったり、大きな利益を期待できるにもかかわらず、早めに利確をしてしまう、また、損失を確定させるのが怖くて、塩漬けのポジションを作ってしまう等、負け一直線のトレードをしてしまうケースが非常に多いです。

感情的なトレードを防ぐためには、トレードにおける自分なりのルールを決め、都度、プランを立てて、トレードに臨むことが必要なのです。

トレードルールを作って忠実に従う

計画的なトレードをするために、絶対に必要なのが、自分なりのトレードルールです。

例えば、任意のテクニカル指標の売買シグナルが発生したときのみ、エントリーするとか、含み損が一定程度膨らんだら、必ず損切りするといったようなものです。負けが続いたら、チャートを閉じて、トレードから離れるといったことも、ひとつのルールですよね。

トレードルールを持っていれば、これに従ったトレードを徹底することで、無計画で感情的なトレードは避けられるはずです。値頃感によるトレードも、ルールがないからこそやってしまうのです。

テクニカル指標の売買シグナルに従ってトレードをすることは、FXにおいては、基本的かつ当たり前のことなのですが、初心者の頃は、意外とできなかったりします。ルールを決めたら、忠実にそれに従うこと。これを心がけるようにしましょう。

エントリーする際はトレードプランを立てる

ルールを持つこととは別に、もうひとつ気を付けておきたいのが、トレードプランを立てた上で、エントリーをするということ。

例えば、テクニカル指標の売買シグナルに従ってエントリーするといったルールを作っていても、どこで利確をするのか、どこで損切りをするのかを作っていなければ、損大利小のトレードになりかねません。

エントリーする際には、あらかじめ、決済のポイントまで決めておきましょう。

テクニカル分析をしていると、利確や損切りの目安となる節目が、何となくでも見えてくるはずです。それが、合っているかどうかは別にして、自分なりの分析から見えてきたポイントで、決済をするようにプラン立ててトレードを行うことが重要。

プラン通りに利益が出れば、大成功ですし、プラン通りに利益をつかめなくても、プランを見直すことで、次につなげることができるはずです。プランのないトレードには、成功もなければ、成長もありません。

迷ったときはトレードしない

明確なプランが描けないという場合は、エントリーを見送るのが、賢明です。プランを立てられなければ、結局、感情に振り回されてしまうことになりかねません。

投資の世界には、「休むも相場」という格言があります。休むことの重要性を説いた言葉ですが、下手に手を出して損失を被るよりは、利益は出ずとも、大人しくしておいた方が良いですよね。

トレードルールとトレードプランに従ったトレードを徹底するよう、肝に銘じておきましょう。