ローソク足を使ったテクニカル分析手法に酒田五法というものがあります。酒田五法は、江戸時代に本間宗久によって考案されたもので、チャート上のローソク足の組み合わせから値動きを読み取るというものです。比較的、シンプルで覚えやすいので、トレードに活用してみましょう。

酒田五法のパターン

酒田五法には、以下の5つの基本的なパターンがあります。

酒田五法の基本パターン
  • 三山
  • 三川
  • 三空
  • 三兵
  • 三法

三山

三山と三尊天井

三山と三尊天井

三山は、ローソク足が上昇から下落を繰り返しながら、3つの山を作るようなパターンです。トリプルトップとも呼ばれるこの形は、天井形成のパターンとされていて、3つ目の山ができた後に下落に向かうサインとなります。

なお、3つの山の内、中央の山が最も高くなる形を三尊天井と言います。三尊天井は、人間の体に見立てて、ヘッドアンドショルダーとも呼ばれる三山の典型的な形です。

このような形が見られた際には、相場は下落に転じる可能性があるので、高値圏で出現した場合は、売りのサインとなります。

逆三山と逆三尊

逆三山と逆三尊

また、三山とは逆に、下落から上昇のパターンが3回続くことを逆三山と言います。トリプルボトムとも呼ばれるパターンです。更に、三尊天井の逆のパターンで、3つの谷の内、中央の谷が最も低くなる形を逆三尊と言います。こちらは、ヘッドアンドショルダーボトムとも呼ばれます。

逆三山や逆三尊は、上昇トレンドへの転換のサインとされるパターンで、安値圏で現れた場合は、買いのサインとなります。

三川

三川は、3本のローソク足の組み合わせからトレンドの転換点を読み取るものです。三川の代表的な形に宵の明星と明けの明星というものがあります。

宵の明星

三川宵の明星

宵の明星は、大陽線の後に、大陽線の高値を上回るコマが出現し、その後、大陰線が現れるパターンです。宵の明星は、天井を形成し、下降トレンドへ転換するサインとなります。

明けの明星

三川明けの明星

明けの明星は、宵の明星の反対で、大陰線の後に、大陰線の安値を下回るコマが出現し、その後、大陽線が現れるパターンです。明けの明星は、底を形成し、上昇トレンドへ転換するサインです。

三空

三空は、窓を開けたローソク足が3つ続く形で、三空踏み上げと三空叩き込みの2つのパターンがあります。ちなみに、窓とは、前後のローソク足の間に間隔が空いていることで、買いまたは売りの勢いが強いときに現れます。

三空踏み上げ

三空踏み上げ

三空踏み上げは、3つ続けて窓を開けて上昇しているパターンです。上昇の勢いが非常に強い状態ですが、三空踏み上げは、行き過ぎた上昇を示しており、反転下落のサインとなります。

三空叩き込み

三空叩き込み

三空叩き込みは、3つ続けて窓を上げて下落しているパターン。三空踏み上げとは反対に、売られ過ぎを示しており、反転上昇のサインです。

三兵

三兵は、陽線または陰線が3本続く形で、赤三兵と黒三兵の2つのパターンがあります。赤三兵は、上昇トレンド、黒三兵は、下降トレンドのサインとなりますが、ローソク足が小さくなっているようなパターンは、先詰まりのサインとされており、勢いが衰えてきているサインとなりますので、注意が必要です。

赤三兵

赤三兵

陽線が3本続く形を赤三兵と言います。買いの勢いが強く、上昇トレンド発生のサインとなります。安値圏で現れた場合は、買いのシグナルです。

黒三兵

黒三兵

陰線が3本続く形を黒三兵と言います。売りの勢いが強く、下降トレンド発生のサインとなります。高値圏で現れた場合は、売りのシグナルです。

三法

三法には、上げ三法と下げ三法の2つのパターンがあります。三法は、相場が休みの状態から、再度勢いづいたところを順張りで狙う手法となります。

上げ三法

上げ三法

上げ三法は、大陽線の後に、その安値を下回ることのない小陽線または小陰線が3つ続き、最初の大陽線の高値を上回る大陽線が現れる形で、上昇のサインとなります。

下げ三法

下げ三法

下げ三法は、大陰線の後に、その高値を上回ることのない小陽線または小陰線が3つ続き、最初の大陰線の安値を下回る大陰線が現れる形です。こちらは、上げ三法とは反対に、下落のサインとなります。