スリッページとは

スリッページは、注文した価格と実際に約定した価格との差のことを言います。

FXでは、注文時の価格と約定時の価格が常に等しいとは限りません。時には、注文した通りの価格では、約定しないことがあります。これが、スリッページです。ちなみに、スリッページが発生することを「すべる」とか「スリップする」と表現することもあります。

スリッページが発生する原因

なぜスリッページが発生するかというと、それは、投資家の注文が、FX会社のサーバーで処理されるまでに多少の時間がかかるからです。

時間がかかるといっても、本当にわずかなものですが、為替レートは、常に変動していますので、注文時と約定時のわずかな時間でも、為替レートが変動して、スリッページが発生することは、十分に考えられます。

特に、経済指標の発表時等、値動きが激しい相場においては、スリッページは発生しやすくなります。

スリッページが多いと大きなストレスに

理論上、スリッページは、投資家にとって、不利な方向にも有利な方向にも働く可能性があります。そのため、スリッページ自体、必ずしも悪いものとは言い切れません。実際は、有利なスリッページは、ほとんど発生せず、投資家にとって不利なスリッページが大半のように感じますが…

スリッページが悪者かどうかは別にして、問題となるのは、スリッページが発生すると、自分が期待していた通りのレートで約定しないことです。

実際にトレードをしてみると、よく分かると思いますが、期待していたレート通りに約定しないと、非常にストレスが溜まります。あまりにひどいと、表示されている為替レートやFX会社が信用できなくなってしまうことすらあります。

スキャルピングのように、小さな利益を重ねていくスタイルの場合は、スリッページには、特に敏感になる必要があります。すべってばかりだと、スリッページが実質的なコストになり、利益が損失に変わってしまうことも多いからです。

約定力が高いFX会社を選ぼう

スリッページがどの程度発生するかは、それぞれのFX会社次第です。スリッページが発生しにくいことを約定力が高いと表現しますが、当然のことながら、約定力が高いFX会社を選ぶことをおすすめします。

FX会社を選ぶ際は、どうしてもスプレッドのように値が明確で、分かりやすい指標に目が行きがちですが、いくらスプレッドが狭くても、スリッページが多く、トレードにならなかったり、スリッページのせいで、実質的なコストが大きくなってしまっては意味がありません。

FX会社を選ぶ際には、スプレッドの狭さだけでなく、約定力の高さにも注目しておくと良いですよ。

また、FX会社の中には、スリッページの許容範囲を設定できるところもあり、自分が設定した値よりも、スリッページが大きくなると、約定されないようにすることもできますので、スリッページを避けるために、そのような仕組みを活用するのもありですね。

約定力の高いおすすめFX会社

株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

マネーパートナーズは、9年連続約定力No.1に輝いた圧倒的な約定力の高さを誇るFX会社です。

本当に、約定拒否もスリッページも全く発生しません約定力でFX会社を選びたい方は、マネパを選んでおけば、間違いなしです。