FXでは、取引手数料無料が当たり前ですが、FXのコストとして考えられるものにスプレッドというものがあります。

スプレッドとは

スプレッドとは、売値(BID)と買値(ASK)の差のことです。

FXで取引をする場合、売値と買値の間には、差があります。同じタイミングであっても、売値と買値は同じ価格ではないのです。

例えば、米ドル/円において、売値が100.000円のときでも、買値は100.003円であったりします。売値と買値の間には、0.003円の差があります。つまり、0.3銭の差。これが、スプレッドです。

スプレッドがあるため、売値と買値を比べると、買値の方が、大きなレートになっているはずです。

スプレッドは実質的なコスト

スプレッドは、FXにおける実質的なコストと言えます。仮に、スプレッドが0.3銭とすると、エントリーした後、0.3銭有利な方向に値が動かなければ、利益を上げることができません。

例えば、スプレッドが0.3銭の場合、買値が100.003円のときは、売値は100.000円です。このときに買いでエントリーしたとすると、買値が100.007円以上にならなければ、利益を出すことはできません。買値が100.007円のとき、売値は100.004円となりますから、0.001円の利益が出ます。しかし、買い値が100.006円のときは、売値が100.003円ですので、±0円となり、利益も損失も出ないことになります。買値が100.005円以下の時は、売値が100.002円以下となりますので、エントリーした際の買値よりも売値の方が安くなるため、損失が出てしまいます。

つまり、スプレッドが広いということは、それだけ高コストということです。スプレッドは狭ければ狭いほど、投資家にとって有利となり、広ければ広いほど、不利となります。

FXのスプレッドは外貨預金に比べると超格安

ちなみに、FXのスプレッドは、外貨預金に比べると、非常に狭くなっています。米ドル/円を例に見てみると、FXでは、スプレッドが0.3銭程度となっていますが、外貨預金の場合は、どれだけ狭くても、その30倍程度のスプレッドが設定されています。

それだけ、FXは、超低コストで通貨の取引ができるのです。この点は、FXの大きなメリットと言えます。

スプレッドはFX会社によって異なる

スプレッドは、FX会社によって異なります。スプレッドは、通貨ペアによっても異なるのですが、同じ通貨ペアであっても、FX会社が違えば、スプレッドの幅も変わってくるのです。

当然、スプレッドが狭い方が、利益を出しやすくなりますので、スプレッドの狭いFX会社を使うのは、FXで勝つ上で重要なポイントになります。