逆指値注文とは

逆指値注文は、現在よりも不利な価格を指定して、その価格に到達した時点で、売買を行うという注文方法です。その名前の通り、現在よりも有利な価格を指定する指値注文とは、逆の注文になります。

例えば、現在の価格が、1米ドル=100円の場合、1米ドル=101円になったところで買いたいと思ったら、1米ドル=101円で買いの逆指値注文を入れます。そうすれば、為替レートが、1米ドル=101円に到達した時点で、買いの注文が成立します。逆に、1米ドル=99円になったところで売りたいのであれば、1米ドル=99円で売りの逆指値注文を入れましょう。

買いでも、売りでも、現在のレートより不利なレートを指定して、売買を行うのが、逆指値注文です。

逆指値注文の特徴

逆指値注文の特徴
  • 売買を行う価格を指定できる
  • 希望通りの価格に到達すれば自動的に売買が成立する
  • 注文通りの価格に到達しなければ売買が成立しない

逆指値注文は、指値注文と同じように、売買を行う価格を指定することができます。ですので、成行注文のように、スリッページが発生して、想定外の価格で約定してしまうようなこともありません。

指定した価格に到達すれば、自動的に売買が成立するのも、指値注文と同じですし、逆に、指定した価格に到達しなければ、売買が成立しない点も、指値注文と同じです。単純に、現在よりも有利なレートを指定する指値注文の反対の注文方法と覚えておきましょう。

損切りに大活躍

逆指値注文も、指値注文同様、自動的に売買が成立するので、非常に便利なのですが、初めの頃は、その使いどころが、よく分からないものです。指値注文の場合は、現在の価格よりも、安くなったら買う、高くなったら売るという注文になりますので、そのメリットが分かりやすいのですが、逆指値注文の場合は、使いどころが、ピンと来ないかもしれません。

逆指値注文が、最も活躍するのは、損切りの場面です。ポジション保有中に、不利な方向に値が動いてしまったら、どこかのタイミングで損切りをしなければなりません。そこで、現在よりも、安くなったら売る、高くなったら買うという逆指値注文を入れておくのです。そうしておけば、損失を限定できるという訳ですね。

損切りをしなければ、どんどん損失が膨らんでいくということにもなりかねませんので、あらかじめ逆指値注文を入れておいて、撤退ラインを決めておくというのは、非常に大切なことですよ。

順張りトレードにも使える

また、相場のトレンドに乗るときにも、逆指値注文は有効です。相場には、トレンドと呼ばれる流れがあります。例えば、円安トレンドとか円高トレンドといったように、為替レートは、一旦、流れができると、その方向に進みやすいという特性を持っています。

少々難しい話になりますが、チャートを使って、テクニカル分析をしてみると、そのトレンドを支えたり、抑えたりしているポイントが見えてきます。為替レートが、そのポイントを抜けると、トレンドが変わったり、相場が大きく動いたりするのですが、そこで、逆指値注文を入れておけば、トレンドに乗って、大きく稼ぐことができます。

例えば、為替レートが、1米ドル=100円から101円の間を何度も行き来している場合、1米ドル=100円を下回った途端、一気に円高の流れができたりします。このとき、1米ドル=100円を少し下回る1米ドル=99.95円で売りの逆指値注文を入れておけば、そのまま円高に進むことで、大きな利益を上げることができますよね。このように、トレンドに乗る、いわゆる順張りのトレードにも、逆指値注文は活用できます。損切りのための決済注文だけでなく、順張りのための新規注文でも活躍してくれますよ。