ドルストレートとクロス通貨

FXの通貨ペアは、大きく分けると、ドルストレートクロス通貨という2種類に大別できます。

ドルストレートとは

ドルストレートは、米ドルと他の通貨のペアのことです。米ドル/円、ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル等、米ドルが絡む通貨ペアは、すべてドルストレートとなります。

現在、米ドルは、世界の基軸通貨です。米ドルだけが、他の国の通貨と直接交換をすることができます。だから、米ドルが絡む通貨ペアは、ドルストレートと呼ばれているのです。米ドルがあれば、円も買えるし、ユーロもポンドも買うことができる。数ある通貨の中でも、米ドルは特別な存在で、世界の基準となっているのですね。

クロス通貨とは

クロス通貨とは、ドルストレート以外の通貨ペアのことです。例えば、ユーロ/円やポンド/円、豪ドル/円等ですね。なお、円が絡むクロス通貨のことをクロス円と呼びます。ドルストレートである米ドル/円を除く円が絡む通貨ペアは、すべてクロス円です。

どうして、クロス通貨やクロス円というかというと、ドルストレート以外の通貨ペアは、2種類のドルストレートの通貨ペアの組み合わせ(クロス)となっているからです。

ユーロ/円は、ユーロ/米ドルと米ドル/円の組み合わせ、ポンド/円は、ポンド/米ドルと米ドル/円の組み合わせ、豪ドル/円は、豪ドル/米ドルと米ドル/円の組み合わせです。

先程も触れた通り、通貨の取引をする際には、必ず基軸通貨であるドルを経由しなければなりません。米ドル以外の通貨の取引をする場合でも、一旦は、米ドルに交換する必要があります。そのため、米ドル以外の通貨同士の取引を行う際には、米ドルを含めた3つの通貨が絡むことになり、クロス通貨と呼ばれるのです。

言い換えれば、ドルストレートは、米ドルともう一方の通貨の2種類からなる通貨ペアクロス通貨は、米ドルを含む3種類の通貨からなる通貨ペアとも言えます。

クロス円を取引する際の注意点

FXでは、取引する通貨は自分で自由に選ぶことができます。とは言え、利用するFX会社が取り扱っていない通貨ペアの取引は当然できませんので、日本のFX会社であれば、主要なドルストレートの通貨ペアかクロス円の通貨ペアの中から選ぶ形になります。

通貨ペアを選ぶ際、どうしても馴染みがあるクロス円の通貨ペアを選びがちですが、クロス円の取引を行う際、頭に入れておきたい点があります。

それは、クロス円が米ドルと円を含む3種類の通貨の組み合わせとなっていることから、それぞれの通貨の力関係を考えてトレードをしなければならないという点です。

ドルストレートは、米ドルともう一方の通貨のペアですので、2種類の通貨の力関係のみを考えれば良いことになります。米ドルともう一方の通貨のどちらか強い方の通貨の価値が上がっていくという単純な話です。しかし、クロス円の場合は、そうは行きません。米ドルと円を含んだ3種類の通貨が絡むことから、それぞれの力関係を考えなければならず、分析が少々複雑になってしまいます。

また、クロス円は、ドルストレートに比べ、取引量が少なくなるため、流動性が低く、値動きが荒くなることがあるという点にも注意が必要です。

クロス円の取引はおすすめしないということではありませんが、ドルストレートの方が素直、クロス円は一癖ありとも言えるでしょうか。クロス円の取引をする際も、米ドルの名前が表に出て来ていないだけで、その値動きは、少なからず米ドルの影響を受けているということを頭に入れておきましょう。