FXや投資に興味をお持ちの学生の方も、決して少なくないはず。それでは、学生の方は、社会人の方と同じようにFXをすることはできるのでしょうか。

FXは学生でも始めることができる

学生でもFXをすることはできるのか、気になっている方もいらっしゃるかもしれませんが、FXは、学生の方でも、問題なく始めることができます。学生も、社会人とまったく変わらず取引をすることが可能です。

事実、FXで大きな利益を上げている学生の方もいますし、FXは、大学生や専門学校生の間でも人気の投資となっています。

FXを始めるには、FX会社に口座開設をする必要がありますが、学生であろうが、主婦であろうが、フリーターであろうが、口座開設は可能です。更に言えば、無職の方でも口座開設はできますので、職業に関係なくFX口座は開設できると考えて問題ありません。

学生だからといって、心配する必要はまったくありません。

ただ、FX口座を開設するには、年齢制限がありますので、この点には、注意が必要です。

満18歳以上であれば学生でもFX口座は開設可能

満20歳以上の成人の方であれば、学生であっても、どのFX会社にも口座開設が可能です。しかし、未成年の方の場合は、どのFX会社にも口座開設ができるという訳ではありません。

というのも、FX会社は、それぞれ口座開設が可能な年齢の基準を設けていて、未成年の方の場合、FX会社によっては、口座開設ができない場合があります

多くのFX会社では、満20歳以上から口座開設が可能としていますが、中には、満18歳以上から口座開設が可能なFX会社もありますので、未成年の方は、満18歳以上から口座開設ができるFX会社を選ぶようにしましょう

満18歳未満の学生はFX口座の開設は不可

なお、日本国内のFX会社に、満18歳未満の方が口座開設可能なところはありませんので、高校生等の18歳未満の学生の方は、FXを始めることはできません。18歳になるまで我慢ということになります。

未成年の方は親権者の同意が必要

また、未成年の方の場合、FX口座を開設するにあたっては、親権者の方の同意が必要になります。FX会社に親権者の方の同意書や身分証明等を提出する必要がありますので、親に内緒で取引をするということはできません。未成年の方は、必ず、保護者の方に相談して、同意を得るようにしましょう。

学生がFXで取引をする際の注意点

学生の方でも、FXをすることは可能ですが、注意しておいてもらいたい点もあります。

学生の本分は学業

まず、忘れて欲しくないのは、学生の本分は学業であるということ。

もちろん、勉強がすべてということではありませんし、勉強以外に大切なことはたくさんありますが、学費を払って学校に通っているということは、忘れてはいけません。多くの学生の方は、ご両親のお金で学校に通わせてもらっているはずです。それを無駄にしてはいけませんよね。

比較的、自由な時間が多いのは、学生の特権ですが、トレードに熱中し過ぎて、学業に支障を来たすようなことはないようにしましょう。

資金管理を徹底する

そして、最も注意が必要なのが、お金の管理。これは、学生に限った話ではありませんが、FXをするにあたっては、非常に大切な点です。

FXには、大きな利益を上げることができるかもしれないという夢がある一方で、損失を被ってしまう危険性もあります。投資とは、そういうものなのですが、夢を見過ぎて、大切なお金のすべてをFXにつぎ込むようなことは避けましょう。

アルバイトで頑張って稼いだお金も、無謀なトレードをしてしまえば、一瞬でなくなってしまう危険性があるのが、FXの怖さ。大切なのは、リスク管理と資金管理の徹底です。

FXをしたことがないという方やできるだけ損はしたくないという方は、少額から取引できるFX会社で取引をするようにしましょう。少額から取引が可能ということは、当然、必要な資金も少なくて済みますし、失敗してしまった際の損失額も小さくて済みます。

まずは、取引通貨単位ができるだけ小さいFX会社を選ぶ方が良いでしょう。

学生の方におすすめのFX会社

SBI FX

学生の方におすすめのFX会社が、SBIFXトレードです。

SBIFXトレードでは、1通貨から取引が可能で、超少額かつ極限までリスクを抑えた取引ができます。更に、満18歳以上で口座開設ができるので、未成年の学生の方でも、心配は要りません。